×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 11
(個別イベント:貝トリオ/若いディーマの修行/キラー逃走)

[←] 1つ前 [↑] 戻る [↑]  1つ先 [→]




01
おじさん 大地の貝って
知りませんか?

02
わるいけど 知らないよ……

03
ねェねェ……
大気の貝って 知らないクピ?

04
ううん…
あたち ちらないでちゅ!

05
あ〜 あんた うまそうだねェ…

06
キャイン キャイン

07
うっひゃ〜っ!
じょうだんだよォ〜!!
サイナラ〜〜〜!!






08
…… ここは どこだろう…?

09
たしか…… プカシェルに乗ってたら
突然 何かが起きて……

0A
あっ! そうだ!!
クピクピと ポヨンは どこだろう?

0B
おーい! クピクピー!

0C
おーい! ポーヨーンー!






0D
あ〜っ びっくりした………

0E
なかなか 貝の手がかりって
ないもんだねクピ……

0F
オイラ… おなかすいちゃった……

10
う〜ん… そうだね………
よし! ここから 三人別れて
べつべつの方向を探そうか!?

11
えっ… イヤなのかい………

12
そうだね……
三人 力をあわせなくっちゃね!

13
よ〜し!!
これからも 三人で 力を合わせて
くじけずに行こう!!






14
今日は ここらで
修行を終るとするかのォ

15
ん…? あの音は!?
ス… ストームバード!!

16
おおっ!
ヤツが 足につかんでいるのは
人間の赤ん坊ではないか!!
ヤツめ 人間の赤ん坊を食べる気か?
しかし ここに わしがいるかぎり
そんな事はさせんぞ!
腕ずくでも 赤ん坊は返してもらおう

17
いくぞ ストームバード!!
ディーマ様の天候魔法 受けてみろ!

18
すまんな………
だが 赤ん坊を
ほおっておけなかったんでのォ…
許せよ… ストームバードよ…

19
おおっ! 何とかわいい女の子じゃ!
早く わしの家に連れて行って
暖めてやらなくては!!

1A
かわいい寝顔じゃのォ
親はさぞかし 心配しとるじゃろう…

1B
しかし どこの子ともわからんし…
親を 探そうにも
シェルドラドは 広すぎる…
どうしたもんかのォ……

1C
よし! この子は わしが育てよう!
そうと決まったら 名前は……
何か いい名はないかのォ…
う〜ん………
テンコ?
いまいちじゃな…

1D
アメノフスキー?
これも いまいちじゃなァ…

1E
エベル?
こりゃ 問題外じゃな
う〜ん………

1F
トキア?
こりゃ なかなかじゃな…
うん… いいかもしれんのォ!

20
よし! 今日からお前は トキアじゃ
なかなか良い名前じゃろ!

21
…早いもんじゃのォ……
トキアを育てて はや十年…
そろそろ 一人で
修行の旅に出しても いい頃じゃが…

22
ディーマ様! サンドサイドの
アバルーダさんて方から 手紙です!

23
おおっ!
トキア 今日も元気じゃのォ!

24
ハイ! だって
元気だけが とりえですもの!
エヘヘッ!!

……われながら 良い子に育ったのォ
ウン… ウン……

25
やだっ ディーマ様!
なに ニヤニヤしてんの ヤラシイ!
早く手紙 読んだ方がいいですよ!!

26
お… おおっ そうじゃったな…
どれどれ… アバルーダから手紙とは
一体 何事かのォ

27
フム… フム… フム… フム……
フ〜ム… なるほど…
フム… 大体の事は わかったぞ!
 
28
トキアよ… シェルドラドの西の都
サンドサイドにいる わしの古い友人
アバルーダが言うには…
今 サンドサイドは
ドグラーという悪人に
悩まされているそうじゃ!
これは ちょうど良い機会じゃ!
トキアよ! サンドサイドには
お前が行くのじゃ!

29
えっ!?

2A
これも修行じゃ! 一人で旅に出て
立派な天候魔法師になって
戻ってまいれ! いいな トキア!!

2B
ハイ! ディーマ様!!
一人旅だなんて……
なんだか ドキドキしちゃいます!!






2C
おお 来たか キラー!
新しい任務だぞ!
ドグラー様の命令で
サンドサイドの アバルーダを
暗殺せよとの事だ!
アバルーダは
各地の強者を集め ドグラー様に
対抗しようとしているらしい!!
そうなる前に 暗殺せねば
我々が危ない!!
いいな キラー! しくじるなよ!

2D
……… ギルマーダ師匠…
師匠は 拾われて来たオレに
殺しの技を 色々教えてくれた…
オレは今まで 師匠やドグラー様の
言葉を 何一つ うたがわないで
生きてきた……
たくさんの人も 殺してきた……
だけど… だけど………
ギルマーダ師匠!!
オレのやってる事は
一体 何のためになる!?
オレは これでも人間と言えるのか?
一人の人が死ねば
その 何倍もの人が 悲しむ……
そのたびに… そのたびに
オレの目からは ひとりでに
涙が流れるんだ!! 悲しいんだ!!
オレはもう 人殺しは イヤだ!
もう誰も 殺したくないんだ!
ギルマーダ師匠!!

2E
何を言う キラー!
今まで ドグラー様に
育てていただいた ご恩を忘れたか!
この たわけもの!!
私の教えを忘れたか!
一切の感情を捨てろ!!
お前は マシーンだ!!
殺人マシーンだ!!
わかったかキラー!
わかったら さっさと行け!!

2F
………こいつが アバルーダか………
何も知らずに のんきに寝てやがる…

30
オレは 今から
この年寄りを 殺すのか…
本当に 殺すのか?…

31
くそっ!
やっぱり オレには もうできない!
こんな年寄りは 殺せない…
そうだ! このまま……
そうしよう!!

32
フフフ… キラーよ……
アバルーダを殺さず
一体 どこへ行こうというのだ……

33
うっ! お前達は!!

34
フフフッ…… やはり
ギルマーダ隊長の言う通りだったな
キラーのやつ 抜けるつもりだ…

35
キラーよ…
脱走者は 死ぬまで
追っ手に狙われるのを
忘れたわけではあるまい…

36
チッ……
後をつけてやがったのか…
しくじったぜ…

37
地獄で後悔しな! キラーよ!

38
うっ!! かわり身の術!!
キラーのやつ どこ行きやがった?!

39
うわっ! ぐおっ! ぬおおっ!

3A
悪く思うなよ…
オレも 死にたくないんでね…
ふりかかる火の粉は
はらわせてもらうよ…

3B
じゃあな… アバルーダのじいさん…
ドグラーなんかに 負けねェで
長生きしなよ……

3C
……キラーのやつ………
やはり ドグラー暗殺隊を
抜けおったか……

3D
キラーよ………
わしとて…





[←] 1つ前 [↑] 戻る [↑]  1つ先 [→]