×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 95
(海底基地5/ギャブ・ファー)

[←] 1つ前 [↑] 戻る [↑]  1つ先 [→]



01
ううっ…
お… おおっ… ハドソンどの
めんぼくない……
か… 貝獣島を…
ま… 守りきれんかった…
わしは……
ど… どうなってもかまいませぬ…
ど… どうか…
他の人々は助けてあげて下され…
た… たのみます……






02
小さいタマゴだ
まだまだ 成長の途中のようだ

03
大きなタマゴだ
中が光っていて もうすぐかえりそうだ

04
オーラの玉を入れて そのエネルギーを
タマゴにあたえる 機械のようだ

05
タマゴに養分を吸いとられている人達だ
まだ かすかに 息がある






06
ハドソンさん! この部屋が
さっき グジューが言っていた
部屋ですね……
ハドソンさん! いっこくも早く
ギャブ・ファーを 倒しましょう!
敵は もうすぐそこです!

07
ハドソンさん!
どうやら ここが
最後の部屋のようです






08
ウッ… ウ…… ウウッ………
あ… あんたは ハドソン……
やっぱり… きちゃったんだね…
まったく お笑いだよね……
一番 信じてた お父さまに……
私… あんた達を
ずっと見てて わかった気がする
あんた達の 強さの源がさァ…
あんた達が… ○○って呼んでる
偵察ロボットが 何で
あんな変化をしたのか…
今なら わかる気がするよ…
ああっ… な… なんだか……
暗くなってきた……
今度 生まれ変わったら
私も あんた達の……
仲間に 生まれたいよ……
ハドソン… わ… 私………
な… 何だか… あんたの事が…

09
おしゃべりは
そこまでにしてもらおうか!

0A
ハドソン! 危ない!!

0B
へへっ… これで…
少しは あんたの仲間に
近づけたかな…
ありがとう… これでもう
ひとりぼっちじゃないね……
今度は私も あんた達の仲間に……
ハドソン………
あ… あんたに会えて……
ほん… とうに…… よかった……
わ… わたし……
あなたのことがようやく少し
好きになりそうだったのに…

0C
グフフ……
とんだ サルしばいを
見せられちまったわい…
グフフ… 貝の勇者よ……
私は ギャブ・ファー…
宇宙の侵略者 ギャブ・ファー…
きさまらは私の計画を
ことごとく じゃましおった
それは 許されぬことだ!
オーラの玉の パワーが
あれば この私の力をもしのぐ
息子達が生まれる
それを……
じゃました罪は重い
その罪は きさまらの死で
つぐなってもらわねばな
見るがいい!!

0D
さァ! 幼虫ギャブリン達よ!
やってしまえ!!

0E
ククク… やはり そくせきの
幼虫どもでは ダメだったか……
貝の勇者よ…
真の力とは どんな物か
この私自身が 見せてやろう!

0F
グオオオオ… なんという事だ…
こ… この私が やぶれるとは…
信じられん…
こ… これが…
これが 伝説の貝の力か?…
グ… グフ…… フ……
これしきの事で…
私は…… 死なぬ…
見るがよい… 究極の最強体!!

10
グッ…グオオオ…
なぜ 究極の最強体がァァァ…
そんな… バ… バカな……
だ… だが きさまらも
ここから生きては 帰さぬ…
なぜなら 私が死す時…
自動的にこの基地の 自爆装置が
作動するからだ…
グフ… フフフ………
グ… グオオオオオ………………

11
ギャブ・ファーを
オーラの玉に 封印した!!

12
ハドソンさん!基地の自爆装置が
作動し始めました!
早くつかまっている人達を助けて
潜水艦に戻りましょう!

13
クククッ… どうじゃな…
なりは小さくとも わしの子は
けっこう 強いじゃろ…

14
グウ… きさまらが どんなに
愛だ 正義だ 友情だと ほざいても
しょせんは こんなものか
最後に笑うのは 真の力ある者のみ
そう! この私のようにな!!
ハーッハッハッハッハッ!!

15
グフフ… わが最強体は無敵なり…
おろかなる人間どもよ…
自らのおろかさを 思い知ったか!






16
お父さま……
ハドソンは ついに
この海底基地まで やって来ましたわ
なぜ平気で
痛みに耐えられるのでしょうか…

17
今まで 色々な惑星を侵略し
それなりの抵抗にもあったけれど…
あんなに強い気持ちを持ったやつらは
初めて… あのエネルギーは
恐ろしい力になります
もしや… 私達を越える力を
秘めているのでは…
大丈夫でしょうか お父さま…

18
わが娘グジューよ 力の強い者が勝ち
弱い者は 強い者にひざまづく
これが 宇宙の法則……
お前が あの時 始末しておれば
こんな事には ならなかったものを…
グジューよ… お前は黙って
わしの言う通りにしておればいいのだ
心のまよいを捨てよ わが娘よ!
やつらが わざわざ
オーラの玉を 持ってやって来たのだ

19
全力で ハドソンを倒すのだ!
愛だ 友情だと ほざくやつらを
うちのめして来るのだ!
行け! グジューよ!
わが最強の息子達が
誕生するのも もうすぐじゃ!

1A
ハッ… ハイッ! お父さま……






1B
お… お父さま…
もうすぐ ハドソンが
ここにやって来ます…
お父さま! どうしても この星を…
いや ハドソンと
戦わなくては いけないのですか!?
もう この戦いを やめるわけには
いかないのですか?
わ… 私…
本当の力とは 一体何なのか…
少し わかったような気がします…
お父さま!
支配が全てでは ありませんわ!
支配のみに頼る力は
いつか より以上の力に
倒されてしまいます!
お父さま! お願いです!
もう この戦いを やめて下さい!!

1C
グジューよ…
言いたい事は それだけか?

1D
えっ… お父さま………?

1E
お前にはもう 用はないわ!

1F
きゃあああああああ…………

20
お… お父さま… なんで…
娘の… わ… 私を…
こんな… ひど… い…

21
グフフ… 娘だろうが なんだろうが
役立たずは 必要ないのだ
貝の勇者よ…
オーラの玉とともに 早くこい…
お前も 私のかわいい息子達の
養分になるのだ! グフフフフ……





[←] 1つ前 [↑] 戻る [↑]  1つ先 [→]