×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 50
(ドラドシティー)

[←] 1つ前 [↑] 戻る [↑]  1つ先 [→]




01
きっと ファットバジャーは
近くに ひそんでいるに 違いない!
今度来たら 俺が目に物を見せてやる

02
こんなボロ屋だけど
やっと 建て直したのよ……
よかったら 泊まってってね

03
ああっ… なんてこった…
空から隕石が降って来て 中から
怪物が現れて みんなマユにされて…
おまけに ファットバジャーまで
よみがえって… 美しかった
ドラドシティーが ボロボロだ……

04
ここの下に ファットバジャーを
封印してあったのよ… 絶対に
安全だって 言われてたんだけどねェ
ドーン!ときて ガガーンとなって
バーン!!と ファットバジャーが
出てきたんだよ! おどろいたねェ…
さんざん暴れて 今はどっかに
行っちまったみたいだけどねェ……
もうドラドシティーもおしまいかねェ

05
隕石から出てきた怪物に
みーんな 大きなマユにされて
連れてかれちゃった…… ぐすん……
かくれてて生きのびた人が
ほんの少ししか この町にはいないよ
ぐすん… ぐすん……

06
王様まで マユにされて
連れていかれてしもうた……
シェルドラドも もうダメかのォ……
あんれ?
あんたの連れている その帽子の人
あの怪物に 良く似とるのォ……

07
うわさじゃ この町の城の地下には
すげェ武器が あるって話だ
もしかして その武器がありゃあ
ファットバジャーに
勝てるんじゃないかなァ……

08
家も 財産も みーんな
なくしちゃったけど なんだか
かえってさっぱりしたわね!

09
大人の人達は とりあえず
テント小屋を作ってるのよ

0A
この町のすぐ西側にある
ウエストサイドの町も
ボロボロらしいねェ……

0B
あの悪魔を やっつけに行くのかい?
頑張っておくれよ!
あたしゃ応援してるよ!

0C
わしも 町の再建に協力するぞい!
なァに わしだって まだまだ若い!
カッカッカッ!

0D
この町に逃げて来た人達の中には
ケガした人もたくさんいるんです…
その人達は とりあえず
テント小屋で休んでいます
早く 良くなるといいのにねェ……

0E
ちくしょーっ! あいつら!
今度来たら この俺様が
ギッタンギタンにしてやる!

0F
あの大きな空飛ぶ船は
南の方角へ 飛んでいったわよ…
南は海ばっかりのはずなのにねェ

10
あいつら… ファットバジャーより
ひどいやつらじゃ!
ハドソンさん 負けんでくだされや!

11
ハドソンさん! 頑張ってね♥♥
チュッ♥






12
俺も聞いた話しなんだけど…
なんでも南の森に 狼族が使える
最強の防具 クウガのむねあてが
あるってウワサだぜ……

13
なんでもさ… 最近北の海に
大きなクジラが出るらしいよ…
そのくじらの背中には
イルカン族って人達の村があって
その村には すごい宝があるらしいよ

14
あのな… 俺 ちょっと前
海から流れて来た
手紙の入ったビンを拾ったのさ…
『なんとか元気にやってます
    ご心配なく! モーリー』
 って手紙には書いてあんのよォ
えっ!? モーリーって誰かって?
そりゃあんた 20年前
川で行方不明になったっていう…
母親がわりに
ドラドシティーの王子を育てた
うばのばあさんよォ!
もし 王子が生きていたら
あのばあさん きっと 見分ける事が
できるんじゃないかな






15
ああっ… ハドソンさん…
わたしです クシューラです
せっかく平和が戻ると思ったのに
新たなる敵が現れるなんて…
でも ハドソンさんなら
負ける事は無いと
わたし 信じています!!
だって ハドソンさんは
仲間という強い力の存在を
わたしに教えてくれたんですもの
じゃあ ハドソンさん
お気をつけてください…
無事 オーラの玉の秘密へ
たどりつける事をお祈りしています






16
わしみたいな婆さんでも
手伝えることがあって よかったわい
頑張って看病しなきゃのォ…

17
おバアちゃんの看病は すごいわ!
私達にわからない事を
何でも知ってるし 本当勉強になるわ

18
おバアさんの看病のおかげで
みるみる回復していきます!
早く回復して ドラド警備隊の
お手伝いをしなければ!






19
ファットバジャーの次は
ギャブ・ファー…… まったく
シェルドラド始まって以来の災難だ…

1A
ここに寝ている人達は
勇敢に戦って 傷ついた人達です
なるべく 静かに
寝かせてあげてください

1B
う…う〜〜む……

1C
くっそう!
この一大事に なんてザマだ!
俺達の分まで頑張ってくれよ!






1D
売物は みーんな壊されちゃって
今はこれしかないんだ……

1E
商品も ほとんど焼けてしまって
今はこれしか無いんです……






1F
あたち らみーゆのまちかやきたの
とーたまも かーたまも みーんな
てんごくいっちゃったって……
ねェ?
てんごくって ちかい?
あゆいて ゆけゆ?
ぽちの とーたまと かーたまも
てんごく いっちゃったの…
あたち ぽちといっちょに
てんごくまで あゆいてゆくよ!

20
クウーンクウーン

21
わしゃ 北のラミールから
逃げてきたんじゃ
せっかく 町を再建したのに
沈んでしまうとはのォ…

22
うわーっ!
もしかしてドラド警備隊?
カッコイイなァ……

23
ホラホラホラァ! 看病のジャマだよ
どいた どいたァ!

24
フーッ… 看病って大変よねっ…
でも みんな悪いやつと戦って
傷ついたんだもの……
一生懸命 看病して 早く元気に
なってもらわなくっちゃ!

25
うーん…… 死ぬーーっ……






26
プンプン! ケガ人のくせに
人のオシリさわるなんてサイテーッ!
もう看病してあげない!

27
いやァ… あの子があんまり
プリチィなオシリしてたもんで…
ついペロンと さわっちまったんだ…

28
うーん… うーん…
俺はシリさわってないのに 俺の事も
看病してくれなくなっちゃったんだ…






29
ウホホーイ 家だ! 家だ!
前より 立派だぞ! ウホホーイ!

2A
家なんて 屋根がついてれば
それでいいのよ! この家なんて
前より立派なくらいだわ!

2B
町が沈んじゃったんで わしら
ラミールのオンボロ長屋から
やっとの思いで 逃げて来たんだ…

2C
ギャブ・ファーってヤツを
やっつけに行くのは あんたかい?
若いのにえらいねェ! ガハハハ

2D
あいたたた… お…おばさん…
ガハハハとか言ってないで
早く手当てしてくれよォ… トホホ…

2E
うーっ… うーっ… うああっ…
おえあああ…… ぐおおおっ…
はっ…はっ…はっ…
はらへったよォーーっ……






2F
ハドソンさん ここが
ドラドシティーに新しく作られた
ドラド警備隊 勇者の館です
元は酒場だったので
勇者の館っぽくは無いですけど
みなさんは ちゃんとおそろいですよ

30
ここは サンドサイドから移ってきた
勇者の館なんです
今後とも よろしくお願いしますね

31
もう! マギーのおじいちゃんて
おだて上手なんだからァ ウフフ…
トキア てれちゃう♥♥

32
フフフ… みんな
私のミリョクにメロメロね♥

33
やれやれ… この大変な時に
お気楽なやつらじゃわい

34
ハドソンさん… せっかく
ファットバジャーを倒したのに
こんな事になっちゃうなんて…
あんなひどい事が平気でできるやつ
私 絶対に許せない!

35
あいつを倒しに行く時は
私も絶対に連れてってね♥
私ったら カワイイし
魔法は使えるし ホント
役に立つんだからァ フフフッ…

36
いたたたっ…… 何すんのよ!
痛いじゃないの!

37
フン… どきなさいよ チビタン娘!
このキララ様を目の前にして
よくもカワイイなんて言えたもんね

38
あなたと私 こうして見くらべれば
どちらが美しいかは
いうまでもないわ! ウフフフフッ♥

39
何よ このとしま女!
気取ってんじゃ ないわよ!

3A
と… としまですってェーーー!
私はまだ17才よ!
17才の どこがとしまなのよ!!

3B
フン! あんたなんて まだ10才の
色気もない ただチンチクリンな
お子様じゃないのよ!

3C
チ… チンチクリンですってーっ!
くやしいーーっ!!

3D
私だって あと4〜5年もすれば
ボインボインのセクシーガールに
なるわよっ! このペチャパイ女!!

3E
ペ… ペチャパイ女ですってェー!!
このバスト87の私に向かって
なんて生意気な子なんでしょ!!

3F
キーッ! キーッ!

40
まァまァ お二人さん
こんな時にケンカはよしなされ

41
わしから見れば 二人とも十分に
ミリョク的なんじゃから……

42
トキア… お前はまだ子供じゃが
あと ほんの2〜3年もすればじゃ

43
ヘーイ そこの おっぱいボヨヨポン
ヒップ プリプリのプリティーベーベ
一緒に何か飲みまへんかっ… って
男達に声をかけられる
セクシーガールになるじゃろう

44
それにキララ お前はもう充分美しい
おまえの美しさにフニャフニャの
男は 山ほどおるぞ! フホホホッ!

45
まァ♥ マギーおじいさんったら
トキアてれちゃうワ♥ ポッ

46
じいちゃん なかなか
わかってるじゃない ホホッ
さてはじいちゃんも 私のミリョクに
まいっちゃってるのね♥






47
ハドソンどの! このザルドン
どんな時も訓練はかかしませぬ!
いつでも 呼んで下さい!






48
俺様の出番はいつだ!
戦いたくって ウズウズするぜ!
敵に必殺技をおみまいしてやるぜ!






49
先ほど グレートノーム様がいらして
我々がドラド警備隊に任命された事を
お聞きしました!

4A
ハドソンさん! このバード
戦う覚悟はできています!
いつでも 声をかけて下さい!






4B
ここの魔法の本は 全て
グレートノーム様が
そろえてくださったんです
私の力では まだ全てを理解する事は
できませんがいつかきっと
全てを理解してみせます
キララさんも ちょっとはまじめに
勉強してくれるといいのですが……






4C
……ハドソン…… 俺は影の男……
仲間以外の人前に姿を現わす事は
できぬ……
姿は見えなくとも
俺はいつでも そばにいる…
いつなりと呼んでくれ… では……






4D
フン!
わしゃ別に戦いたくはないんじゃ!
疲れるからのォ……
ただ お前に協力しないと
エベルのババアにつぼから出して
もらえないのじゃ……
まったく ファットバジャーは
ギャブ・ファーだか何だかに
持ってかれちまうし いい事なしじゃ






4E
ボクは いつでも
準備OKです!






4F
ハドソンさん ボクの回復魔法も
役立ててください






50
オイラ おなかすいちゃった……





51
フフ… また かわされてしまったな
キラーよ……

52
師匠!!
もう こんな事はやめてください!

53
キラー! わしは死ぬまで
お前の事を 追いつめてやる!
さァ! キラーよ!
死にたくなければ真の力を出すがいい
最後の勝負だ!!
行くぞ!!

54
キラー! 今度こそ おしまいだ!

55
ちっ! また じゃまが入ったか……

56
こうなれば
まとめて めんどうをみてやる!!
さァ! 来い!!

57
師匠… なぜ…
なぜです……

58
キラーよ……
わしは お前の手で
死にたかったのかも知れぬ……
わしは 死に場所を求めて
闇をさまよっていたのかも知れぬ……
こんな 死に方が……
わしには おにあいじゃ……
キラーよ… この短剣をお前にやろう
わしの技を継ぐ者の証じゃ…

59
キラー… さいごに……
わしは お前を追って
お前の身辺を調べている間に…
たいへんなことを知ってしまった
お前の本当の… お… 親は……
ドラドシティーの……
お… お…… ううっ…… ガクン…

5A
お師匠様ーーーーーーっ!!
ギルマーダ師匠…
あなたは…
俺の本当の親も同然だった…
今さら本当の親なんて 俺は…
ちくしょう……

5B
…師匠…… さようなら……





[←] 1つ前 [↑] 戻る [↑]  1つ先 [→]