×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 48




しゅんかん「体力のさいだいちを、2あげることができるぞ。
『はやてのたま』をくれたら、仲間になろう」
仲間にしますか?

しゅんかん「実力ぶそくかのう……」

しゅんかん「あさはやくからでもがんばりますぞ!!」
しゅんかんが仲間になった!

しゅんかん「仲間がおおいようですな。ここで待ってますのでいつでも来てくだされ」

しゅんかん「『はやてのたま』が、ないではないか!それでは、いっしょに行けん」





ゆり「わたしは、みんなの体力をかなり、かいふくさせられます。
『にしきのころも』をいただけたらともにまいります」
仲間にしますか?

ゆり「ざんねんだわ……お役にたてると思ったのに」

ゆり「よろしくおねがいします」
ゆりが仲間になった!

ゆり「お仲間がおおいですわ。わたしはここで待っています」

ゆり「『にしきのころも』を、もってきてくださるまで、わたしはここで待っています」




女「海をこえた四国には、タヌキとキツネがおおいっていうわ」
女「四国のキツネが、いなくなったんだってさ」

男「この村の西は、びぜん村。東にむかえば、京のみやこさ」
男「山人が住んでる東北の森の中にあるかくれざとには、
まりしてんって神さまが、かくれてるそうだぜ」
男「まりしてんさまは、かぜをあやつるんだってな」




阿古耶「あっ、おサイフがおちてる」
女「見つけた!わたしのサイフ」

阿古耶「よくも、つきとばしたわね!
そのおサイフは、あたしが先に見つけたのよっ」
女「なんだ、おまえは」
阿古耶「それは、こっちのセリフだよ!」

北斗丸「いいじゃないか、阿古耶。そのサイフ、その人のものだってさ」
阿古耶「北斗丸、おかねってたいせつなんだからね。すぐ、人のこと信じちゃダメだよ」
法輪「そうじゃ、そうじゃ」
頼遠「おいおい。そこが北斗丸のいいところだって、いつもいってるじゃないか」
阿古耶「おかねのことは、べつ!」
女「ふうん。しつれいなやつらだが、かねをたいせつにするたいどは気に入ったよ」
北斗丸「あっ!?」

べんてん「わたしは、べんてん。
このサイフは、かねがわき出る神通力を持っていてねえ。人間には、わたせないのさ。
でも、おまえたちを気に入ったから、力をかしてやってもよいぞ」
法輪「べんてんさま!?生きているうちに、おすがたをおがめるとは……
ありがたや、ありがたや」
べんてん「ホホホ、すなおなやつ。ますます気に入ったぞ。よしよし、力をかしてやるよ」
法輪は『べんてん』をおろせるようになった!




男「南西に、おのころのいせきがあるよ。見に行ってみたら?」




北斗丸「そうへいさんですね。こてつさんに聞いてきました」
そうへい「こてつに?なんの用だね」
北斗丸「こてつさんの住む、西の村のおたつさんの、こどものことを教えてほしいんです」
そうへい「な、なに………おたつの?わ、わしゃ、なにも知らん。知らんぞ」
阿古耶「ウソよ。こてつさんは、あなたにわたしたって、いったもの」
そうへい「し……知らんといったら、知らんのだ!」
法輪「そのあわて方………あやしすぎる」
頼遠「あかんぼうの命が、かかってるんだ。
かくしだてするなら、ムリにでも聞き出すぞ」
そうへい「うっ………そ、そんなこわい顔するなよ。
わかったよ、話すから………」
法輪「はじめから、そうすればいいんじゃ」

そうへい「十五年前、あかんぼうをあずかったわしは、京へ旅立った。
ところがそのとちゅう、いくさにまきこまれてな………
気づいたらあかんぼうと、はぐれておった。
あのころは、源氏と平家のいくさでこの国中が、あれておったからな。………
だが、こんなこと、わしはいえなかった。
京の金持ちのところでしあわせにくらしていると、ウソをついたのだ」

阿古耶「………ひどい」
北斗丸「それじゃ、その子のゆくえはそれっきり、わからないんですか?」
そうへい「ああ………だが、たったひとつ、手がかりがある。
あのあかんぼうは、おたつのかたみのお守りを持っていたはずだ。
だから、古いお守りを持ってる十四、五歳の女の子で、身よりのないものを探せば………」
頼遠「どうしたんだ、阿古耶?顔いろが悪いぞ」

阿古耶「そ、そのお守りって、ひょっとしてこんなのじゃなかった……?」
そうへい「あっ、このお守りは………たしかに、あのあかんぼうが持っていたお守りだよ。
どうして、あんたが持っているんだい?」
阿古耶「これは、あたしが小さなころから持ってたものさ。
みなしごのあたしにとって、たったひとつの宝ものなんだ」
北斗丸「じゃあ、おたつさんのこどもって阿古耶だったんだ!」
法輪「あの村がなつかしいといっとったのは、気のせいではなかったのじゃな。
よかったじゃないか、阿古耶」
阿古耶「う……うん」
北斗丸「そうとわかれば、早く西の村にもどろう。
これで、ぼりょうにのろいをといてもらえるぞ」

そうへい「すまなかった。悪いことをしたね」

そうへい「なにかようかね?」