×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 45



男「岩をかくしていたうずが、消えたんだってな。
これで、また、いろんなところへ行けるぞ」
男「ちょっと前まで、このまちにきよまさっていう、
すごいけんしがいたんだけどさ。どっか行っちゃったみたいだぜ。
ざんねんだったな、おい」
子ども「南のいおりに、おばけみたいな人がいたよ。こわかったあ」
子ども「なにかよう?ようがないんなら、はしるじゃましないでよ!」




男「あわあわ、あわあわ……」
女「なんだ、びゃくだんこうを持ってないの……じゃあ、いいわ」


女「あら、あなた………びゃくだんこうを持っているわね?」
北斗丸「あ、はい」
女「一つ、わけてもらえないかしら?あの、はしってる男の人を、とめてあげたいの」
頼遠「そうだな、あのままでは………北斗丸、びゃくだんこうをこの人にあげよう」
あげますか?


北斗丸「でも、やっぱり……ごめんなさい」
女「そう、ざんねんだわ。それにしても、そっちの人……やさしいのね」
頼遠「いや、そんな……」
女「気がかわったら来てね。待ってるわ」


北斗丸「はい、どうぞ」
北斗丸は、びゃくだんこうをわたした!
女「ありがとう!」
女「これでよし、と。よかったわね、あの人たちのおかげよ」
男「う、うわあっ!お……お助けえっ!!」
女「んまっ、なんてやつ!おれいも、いわないなんて。
やっぱり、ずっとこんらんさせとけばよかったかしら」
北斗丸「えっ……あなたは、一体?」
女「あら、まだ名のってなかったわね」
きっしょう「わたしは、きっしょう。
このびぼうで、男をまどわすつみな女神………
さっきの男、わたしにつきまとってうるさかったの。だから、術をかけてやったのよ」
北斗丸「まさか、きっしょうさまだったなんて……」
きっしょう「そこの人、さっきはやさしくしてくれて、ありがとう。
あなたって、いい人なのね」
頼遠「えっ」
きっしょう「わたし、受けた恩はわすれないわ。
あなたたちの、旅の手助けをしてあげましょう。
とくに、その人のこと、気に入っちゃったし」
頼遠「え……えっ?オレですか?」
きっしょう「ウフフ………仲よくしましょうね」
頼遠は『きっしょう』をおろせるようになった!




きよまさ「せっしゃは、このくにでいちばんつよいさむらいじゃ。
だが、もっともっとしゅぎょうがしたい。
『せんきんたん』をやるから仲間にしてくれんか?」
仲間にしますか?


きよまさ「むむ、むねんじゃ……」

きよまさ「よろしくたのむ」
きよまさが仲間になった!

きよまさ「せっしゃを仲間にしたくばもうすこし仲間をへらしてくだされ」

きよまさ「せっしゃを仲間からはずすとは……
しょせんおぬしたちは、どうぐが、ほしいだけだったのだな。
せっしゃの前に、二度とすがたをあらわすな!」

きよまさ「ぬうう……せっしゃのちゅうこくをむししたな!ゆるさん!!
北斗丸!勝負だ!!」

きよまさ「むむ……むねんだ……」





女「村の近くに、つかがあるの。
ヘビ妖怪の、じゃござえもんを封印したつかよ」
女「じゃござえもんづかに、妖怪が出なくなったって本当かしら」
女「じゃござえもんづかには、気をつけてね。
夜になると、あのあたりには妖怪が出るんですって」
女「じゃござえもんづかに、妖怪が出なくなったって本当かしら」
男「じゃござえもんづかの妖怪は、夜になると人間をおそって食っちまうらしい」
男「じゃござえもんづかのそばに、ふしぎな岩があるらしいよ。
どこからか、転がってきたのかな」

頼遠「北斗丸、この村で夜まで待って、じゃござえもんづかを見に行くか?」
じゃござえもんづかに行ってみますか?


北斗丸「う−ん………いいや、やめておこう」


北斗丸「行ってみよう。人食い妖怪が出るなら放ってはおけないぞ」
頼遠「もう、すっかり夜だな。そろそろ妖怪も、うごき出すころだろう」
北斗丸「じゃあ、行こう」
じゃごばばあ「今夜のえものが、やってきたようだねえ」
北斗丸「だれだ!どこにいる!?」
じゃごばばあ「ここじゃよ」
じゃごばばあ「わが名は、じゃごばばあ。このつかに封じられたおっと、
じゃござえもんを生き返らせるためいけにえがひつようなのじゃ。
おまえらの命を、もらうぞ!」
じゃごばばあが、おそってきた!
じゃごばばあ「チクショウ………あと少しで、じゃござえもんが生き返ったのに………」
北斗丸「これで、平和になるね」
阿古耶「見て。この岩、つかによりそってるみたい」
北斗丸「本当だ。この岩、じゃごばばあなのかな」
頼遠「さあ、帰ってやすもうか」
北斗丸「うん」