×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 44




少女「え−ん、え−ん」
北斗丸「どうしたんだい?」
少女「引っかかったな、ばあ−−−っ!!」
北斗丸「わっ!?」
タヌキ「や−い、だまされた−−−い!」




せいしん「魔力を、すこしかいふくさせることができるぞ。
金10000でなかまになろう」
仲間にしますか?

せいしん「それもまた、さだめ……」

せいしん「どれ、ひさしぶりにわが術をつかうとしようか。それもまた、さだめ……」
せいしんが仲間になった!

せいしん「仲間がおおすぎるようですな。ここにのこるのも、さだめか……」

せいしん「金がたらぬようだな。たまったら、またきてくれ」




たいしゃく「待ってくれ!」
北斗丸「えっ、あなたは?」
たいしゃく「わたしの名は、たいしゃく」
阿古耶「たいしゃくって、らごら姫のこいびとの!?」
たいしゃく「そうだ。
あなたたちのおかげで、らごらといっしょになれる……本当に、ありがとう。
おれいに、あなたたちの力になろう。いつでも、よんでくれたまえ」
頼遠「ありがとうございます」
阿古耶「おしあわせにね」
たいしゃく「ああ。じゃあ、しつれいするよ。これから、らごらに会いに行くんだ」
北斗丸「もう、行っちゃった。気が早いなあ」
法輪「そ・れ・が!じょうねつってもんじゃよ。いいのう、わかいって………ムフフ」
阿古耶「なんか、やらしいわらいかた!」
頼遠は『たいしゃく』をおろせるようになった!





佐々木「だれか、そのキツネをつかまえてくれ−−−!!」
北斗丸「ええっ」
キツネ「どけどけ−−−!」
タヌキ「だれが、どくか!」
キツネが、ぶつかってきた!


佐々木「かたじけない。こいつににげられたら、たいへんでござった」
北斗丸「どうかしたんですか?」
佐々木「せっしゃ、このやしきの主人で、佐々木ともうす。
実はキツネが、せっしゃのつまにばけたのでござる。
すぐさま、ばけそこねた一ぴきをつかまえたのでござるが、
のこりのヤツらは、うまくばけていて見分けがつかないんでござる。
そこで、つかまえたヤツに聞こうとしたら、うっかりにげられてしまって………」
頼遠「それが、こいつというわけか」
佐々木「そうでござる」
タヌキ「また、そんなことをしてるのか!人間にめいわくをかけるのは、やめてくれ」
キツネ「ヘッ、そんなの勝手だろ」
法輪「しかし、見分けがつかんほどそっくりに、ばけられるもんかのう」
佐々木「だったら、来てみるといいでござる。
そして、いっしょに、つまをさがしてくだされ」
阿古耶「わっ、おもしろそう」
佐々木「さあ、こちらへ」

法輪「うひょ−っ、こりゃすごい」
阿古耶「同じ人が、こんなにいるとぶきみねえ」
佐々木「いやあ、めんぼくない。
みんなをならばせて、はじっこから番ごうをふってみたんでござるが………
せっしゃには、どうしても見分けがつかないんでござる。
おねがいでござる。このキツネのいうことを聞いて、
本当のつまをさがしてくだされ。おれいはするでござる」
タヌキ「オイラからも、たのむッス」
北斗丸「しょうがないな………いいですよ」
佐々木「わかったら、せっしゃのところへ来て、教えてくだされ」



男「この町をおさめているのは、佐々木さまだよ。
ほら、一番おくの大きなやしきさ」
男「佐々木さまのおくさまが、いきなり十五人にふえたそうだ。
そっくりで、佐々木さまでも見分けがつかないらしいぜ」
男「南東には、大きなたきがあるんだ。なんか出るって、ウワサだよ」
女「近ごろ、畑をあらすヤツがいるのよ。キツネかタヌキだと思うんだけど」
女「畑は、あらされなくなったけど……たまに、タヌキにばかされる人がいるのよね」
おばあさん「キツネはよく、人そっくりにばけるんだよ。
あんまりにてるんで、まわりの人もだれも見分けられないんだそうな」
おばあさん「キツネとタヌキは、どっちがばけ上手かねえ」
男「南に、変なたてものがあるんだ。あれ、なんなんだろうな?」
女「佐々木さまとおくさまって、とっても仲がいいのよ」
男「もし、キツネがオレのおっかあにばけたら、オレわかるかな。自信ないなあ」
女「四国の西には、もうひとつしまがあるんだよ」
男「東に小さな村があるよ」
男「うみをわたって、ず−っと東北に行くと、しらかわ村があってね。
その近くのどうくつに、あしのあるへんなぞうりがいるのを、見たんだ。
いやあ、びっくりしたなあ」
男「オレ、あしのあるぞうりを見たことがあるんだけどさあ………
あれ?あんた、そのぞうり……………いや、まさかね」




らごら「はあ………このままでは、父上と仲の悪いあの人と、
わたくしがいっしょになることは、むりね。
そのためにも早く、この世のどこかにあるという『にょいほうじゅ』を………ぶつぶつ」

ふうじん「らごらさま、やっと見つけましたぞ」
らいじん「早く、てんかいに帰りましょう。お父上が、お待ちです」
らごら「いやよ、いやいや!『にょいほうじゅ』を見つけるまでは」
ふうじん「まだ、あきらめていないのですか」
らいじん「らごらさま………たいしゃくてんと、あしゅらさまは、敵どうし。
あしゅらさまのごそくじょであるあなたが、たいしゃくてんといっしょになることは…………」
らごら「だから、『にょいほうじゅ』を探すのです。
あれを父上にさしあげれば、きっとゆるしてくださるわ」
北斗丸「その『にょうほうじゅ』、オレたちが探しましょうか?」
らごら「本当ですか!?」
阿古耶「そうね、好きあってる二人がいっしょになれないなんて、かわいそうだもんね」



あしゅら「らごら!」
らごら「きゃあっ、お父さまっ」
らいじん「な、なにゆえ、あなたさまがこのようなところへ!?」
あしゅら「おぬしたちにまかせておいたら、
いつ、らごらが帰ってくるかわからんからだ!」
ふうじん「も、もうしわけありません」
あしゅら「まあよいわ………それより、人間よ、さっきの話は本当か?」
阿古耶「もちろん。ねえ、北斗丸」
北斗丸「うん」
あしゅら「……では、らごらよ。
このものたちが『にょいほうじゅ』を見つけるまで待っていてやろう。
ふうじん、らいじん、帰るぞ」


法輪「ところで『にょいほうじゅ』とはどんなものなんじゃ?」
らごら「このよのものとは思えないくらいすきとおった、ほうじゅです
ほのかにおうごんの光をはなつといいます」
頼遠「ん?どこかできいたことがあるな……たしか政子さまが持っていたような」
北斗丸「それなら、鎌倉にいってみよう!」
らごら「宝のことは頼みましたよ」



らごら「宝を見つけたのですね!ああ、これでたいしゃくてんさまと………」
あしゅら「阿古耶よ………よくやった。
れいに、おぬしがこまったにはいつでも、かけつけてやるぞ」
阿古耶「ありがとうございます」
あしゅら「なに、それだけ、この宝がすごい力をひめているのだ。
まあ、人間にはかんけいないがな。
ふうじん、らいじん、らごらよ帰るぞ!わっはっは!」
阿古耶は『あしゅら』をよべるようになった!!