×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 43


女「京の南の森にきれいなとりがおりていくのを見たよ」
女「この村のお寺には、だいこくさまっていう、ほとけさまがいるのよ」
女「だいこくさま、見つけた?お寺の中じゃないわよ」
女「まだ、わからないの?おはかとか、見てみたら?」
女「だいこくさま、見つけたんだね」


頼遠「なんだ!?きゅうに、くもゆきがあやしくなったぞ?」
だいこく「わしの名は、だいこく。あんこくの力を持つもの。
なぜ、わしのねむりをじゃまする?」
頼遠「あなたのお力をおかりしたいのです」
北斗丸「苦しんでいる、おおくの人たちのためにも、おねがいします!」
だいこく「ほほう?おまえたち、わしがこわくないのか。
きものすわったやつらだ。気に入ったぞ………よし、力をかしてやろう」
頼遠は『だいこく』をおろせるようになった!



さんざぶろう「おれは、このくにでいちばんつよいのぶしだぜ
そこのぶきやでうっている『しちせいけん』をくれるならなかまになってやろう」
仲間にしますか?

さんざぶろう「ふ−む……それもよかろう」

さんざぶろう「うでがなるわい」
さんざぶろうが仲間になった!

さんざぶろう「仲間がいっぱいのようじゃ。
オレはもうしばらくここにとどまるとしよう」

さんざぶろう「なんだ?『しちせいけん』を、もってないではないか!
オレをたぶらかすつもりか!!」





阿古耶「………あれ?」
北斗丸「どうしたんだ、阿古耶?」
阿古耶「うん………なんだか、あたしこの村を知ってるような気がする」
法輪「気のせいじゃないのかね。こういう村は、いくらでもあるでな」
阿古耶「そうかなあ……」

阿古耶「ねえ、北斗丸………やっぱりあたし、この村がなつかしいような気がするよ」
北斗丸「本当かい?どういうことなんだろう」
阿古耶「それは、わからないけど………」
ごすけ「ちょっと、あんたたち。家の前で、さわがないでくれます?」
北斗丸「あ、ごめんなさい」
ごすけ「こまるんだよね、もうすぐあかんぼうが生まれるってのにさ」
あかんぼう「オギャア!オギャア!」
ごすけ「おっと、いってるそばから、生まれたらしいな」
ごすけ「それじゃあ、静かにしてくれよ」


ごすけ「な、なんだ?」
北斗丸「家の中からだ!」
ごすけ「し、しまった……おくさまぁ−−−!」
北斗丸「オレたちも、行ってみよう!」
ごすけ「ああっ!だんなさま、おくさま!」

ちょうじゃ「うう………あ、あかんぼうを………」
ごすけ「おまえ、なにものだ!その子を返せ!」
ぼりょう「いやよ。そこをおどき!」
北斗丸「あぶない!」
ぼりょうが、おそってきた!
ぼりょう「覚えておいで!あたしは、あきらめないよ。ぜったい、この子をうばってやる」

ごすけ「よかった、あかちゃんはぶじです!」
ちょうじゃ「そ、そうか………よかった」
ちょうじゃ「どなたか知りませんが、ありがとうございました」
ごすけ「あっ!そういえば、あんたら勝手に入ってこないでよ」
北斗丸「ごめんなさい。オレ、北斗丸といいます。
この家で、ただならぬ気配がしたもので………」
ちょうじゃ「ごすけ、いいのだ。
この人たちのおかげで、あかんぼうがぶじだったのだからな………」
法輪「そんなことより、あれはぼりょうという妖怪じゃ。
死ぬときに、この世にみれんをのこしたものが、ぼりょうになることがあると聞くが……
やつは、どうやら子どもにみれんがあるらしいのう。
なにか、心当たりはありませんかな?」
ちょうじゃ「そんな、心当たりなど……」
おなみ「わ……わたしには、あります………」
ちょうじゃ「おなみ!」
おなみ「妖怪になっていたけれど、あれは……わたしのねえさんの、おたつです」

ちょうじゃ「なんだって!?あの、十五年前になくなったという……?」
おなみ「ええ………おたつねえさんは、あかちゃんをうんで死にました。
わたしは、まだこどもだったから、よく知らないけれど…………
あかちゃんは、どこかへもらわれていったそうです………
ねえさんは、きっとそれをうらんで………」
ちょうじゃ「バ、バカをいうんじゃない!
おまえがうらまれることじゃないじゃないか」
ごすけ「そうですよ、お気をたしかに」


ぼりょう「いいえ、おなみのいう通りよ」
あかんぼう「オギャアッ!」
ごすけ「あっ、なにをする!?」
ぼりょう「フッフッフ……この女の体をかりて、
あかんぼうに、ぎゃく鬼ののろいをかけたのよ。
このままだと、ねむりつづけて死ぬわ」
北斗丸「しまった、いつのまに!」
おなみ「ね、ねえさん……どうして、こんなことをするの?
おねがいだから、のろいをといてちょうだい」
ぼりょう「………いやよ。あたしだって、あかんぼうをうばわれたんだ………
でも、どうしてもというなら、じょうけんがあるわ」
ちょうじゃ「なんだ、なんでも聞いてやるぞ」
ぼりょう「あたしのあかんぼうをここに連れてきて。
元気にそだったすがたを見せてくれたら、ぎゃく鬼を取りのぞいてあげる」
ごすけ「そ、そんなこと、ムリですよ」
ぼりょう「なら、あかんぼうは死ぬわ。いいわね、かならず連れてくるのよ」


女「あ、あら?あたし、どうしてたんだろう………
へんな妖怪が、あらわれたとこまでは覚えてるんだけど」
頼遠「………どうやら、ぼりょうは帰ったらしいな」
おなみ「ああ、どうしましょう。あかちゃん………わたしのあかちゃんが………」


ちょうじゃ「北斗丸さんでしたね。
どうか、あのぼりょうのこどもを探してください。
おれいは、できるだけのことをしますから」
ごすけ「わたしからも、おねがいします」
頼遠「どうする、北斗丸?」
引き受けますか?



北斗丸「悪いけど………そんな、くもをつかむような話、引き受けられないよ」
法輪「そうじゃな」
阿古耶「待って、みんな!あたし、引き受けたい………
なんだかどうしても、引き受けなくちゃいけない気がするんだ。おねがいだよ!」
頼遠「どうする、北斗丸?」
引き受けますか?


北斗丸「わかりました、やってみます。なにか、手がかりはありませんか?」
おなみ「ええ………たしか、おたつねえさんのこどもは、
こてつという人にあずけた……と、死んだ母がいっていました」
ちょうじゃ「こてつは、この村のやどやにえものをおろしにくるりょうしです」
北斗丸「その人に聞けば、おたつさんのこどものゆくえが、
わかるかもしれないな。行ってみよう」


阿古耶「おねがいだよ、引き受けようよ」
頼遠「どうする、北斗丸?」
引き受けますか?




こてつ「なんかようか?」
北斗丸「すいません。ここに、こてつさんという人はいませんか?」
こてつ「こてつは、わしだよ。なんだね、おまえさんたちは」
北斗丸「オレたち、十五年前になくなったおたつさんのこどもを探しているんです。
あなたなら、なにか知ってると思って」
こてつ「ほほう、おたつさんのこども?
たしかに、あの子をあずかったのはわしだがね。
わしは、あわじ村のそうへいさんのところへ連れていって、それっきりだからな」
阿古耶「あわじ村の、そうへいさんですね」
こてつ「うん、そうだ。
京に連れていってこどもをほしがってる金持ちにゆずるって、いってたよ。
かわいい女の子だったから、今ごろはみやこのお姫さまになってるんじゃないかな」
阿古耶「北斗丸、あわじ村に行ってみよう!」
北斗丸「う、うん………ありがとうございました」
こてつ「まあ、がんばれや」
こてつ「おたつさんのこどもは、見つかったかい?」
こてつ「おたつさんは、気のどくだったねぇ」