×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 39



頼遠「どうも、この村は気になる。しらべてみないか」

北斗丸「あっ、ぬらりひょんだ!」
阿古耶「やっと見つけた!ゆうかのかたきを、うってやる!」
頼遠「シッ………ようすがおかしいぞ」
ぬらりひょん「これで村人は、ぜんぶなんだね?」
村の人「はい………そうです」
ぬらりひょん「よし。ではこれから、おまえたちを妖怪にしてやるよ。
頼朝との戦いにそなえて、いくらでも戦力がほしいのでねえ。
本当なら、わかくて元気なものしか妖怪にしないのだけれど………かんしゃしなよ」
村の人「はい………かんしゃします」
ぬらりひょん「それじゃ、いらっしゃい」

阿古耶「あの人たち、なにいってんの……?」
火鷹「ぬらりひょんとやらに、術をかけられたんだろう」
法輪「なんとむごい………このままでは、かれらは妖怪にされてしまうぞ」
北斗丸「そうだ、助けなきゃ!」
頼遠「いや、ダメだ!まにあわない!」

ぬらりひょん「そ−れ!」
ぬらりひょん「ホッホッホ………これでいい。
きっと義経さまも、よろこばれるにちがいない」

阿古耶「ひどい………」
北斗丸「こんなことをさせるなんて、やっぱり義経は………
とうさんは、悪いヤツなんじゃないか!」
頼遠「あっ、北斗丸!」


北斗丸「ぬらりひょん!今日こそ、にがさないぞ」
ぬらりひょん「おや、どこかで見たぼうやだね」
北斗丸「人間を妖怪に変えるのを、やめろ!」
ぬらりひょん「そうは、いかないよ。
あたしたちは、あたしたちの国をつくるために、やっているんだ。今さら、やめられないのさ」
北斗丸「だったら………おまえを倒す!」
ぬらりひょん「おやおや、ゆうかんなぼうやだこと。
それじゃ、おまえたち、あいてをしてやんなさい」


頼遠「北斗丸があぶない!」
阿古耶「北斗丸!!」
北斗丸「ひ、ひきょうだぞ!」
ぬらりひょん「あたしと戦いたければ、まず、そいつらを倒すんだね」
火鷹「チッ、しかたねえ」
法輪「待つんじゃ!あれは、もともと人間なんじゃぞ。
人間どうしで戦うなんて、いかん!」
阿古耶「そ、そんなこといったってぇ−−−!」
頼遠「も、もうダメだ!」
阿古耶「キャア−−−!」


弁慶「待てぇぇ−−−い!!」
弁慶「ぬらりひょん!この方たちに、これ以上のぶれいは、ゆるさん!」
北斗丸「弁慶さん!」
ぬらりひょん「ムッ………妖怪のクセに、人間の味方をする、うらぎりものめ。
こうなれば、おまえともどもたたきつぶしてやるわ!」
弁慶「おう!やれるものなら、やってみよ!」
北斗丸「ダメです、弁慶さん!あの人たち、もともとは人間なんです」
阿古耶「そ、そうなの。ぬらりひょんが、術で妖怪にしちゃったの」
弁慶「な、なんとむごいことを………わかりました。しかたないですな、にげましょう」
ぬらりひょん「ホッホッホ、おバカさん!どこに、にげるというの。まわりは妖怪だらけだよ」

弁慶「フン、心配ないわ………うお−−−−−い!!」

コノハ「は−−−イ!」
グヒン「は−−−イ!」


弁慶「めったに見せぬつばさじゃありがたく、おがめ!おまえたち、行くぞ!」
コノハ「は−−−イ、弁慶サマ!」
グヒン「弁慶サマ、まかしテ!」
阿古耶「きゃあっ、と……とんでるぅ!?」
弁慶「さらばだ、ぬらりひょん!」
ぬらりひょん「ひきょうもの−−−!」




弁慶「ここまで来れば、もうだいじょうぶでしょう」
北斗丸「弁慶さん、ぬらりひょんのいってたことは、本当なんですか?
とうさんが、あんなことを………人間を妖怪にするなんてことを、やらせているんですか!?」
弁慶「北斗丸さま………」
北斗丸「オレ、いろんな人の話を聞きました。
でも、今ああやって、ひどい目にあっている人がいるんだから、
やっぱり、とうさんは悪い人じゃないんですか!?」
弁慶「…………たしかに、あの方は変わってしまいました……………
はじめは、頼朝から妖怪たちを守るために、ぼうれいとなったはずなのに………
ぬらりひょんなどを使って、あんなひどい………
まるでまもののような………おそろしいことを……」
火鷹「………あれじゃあ頼朝と変わらねえよ」
弁慶「……………」

北斗丸「……弁慶さん、とうさんがどこにいるか、知っていたら教えてください」
弁慶「ええっ、なんですと!?」
北斗丸「はじめは、たしかに平和のためだったかもしれない………
でも、とうさんのせいで、たくさんの人が死んだり、きずついたりしたんだ。
これ以上、ぎせいしゃをふやさないためにも………とうさんをとめなくちゃ」
弁慶「………北斗丸さま」
頼遠「そういうことなら、オレも行く。オレだって、みうちだからな」
北斗丸「頼遠!」
阿古耶「あたしも連れてってよ!
ぜったい、ぬらりひょんをやっつけてやるんだから!」
法輪「もちろん、わしらも行くぞ。なあ、火鷹」
火鷹「フッ……まあ、のりかかったふねだ」

北斗丸「みんな………ありがとう。弁慶さん、おねがいします!」

弁慶「…………わかりました。義経さまは、妖怪迷宮にいるはずです。
妖怪迷宮には、平泉の町のとなりの、古いやしきから行けます………
ただし、ふつうの人間には、見ることも、入ることもできないはずです」
法輪「じゃあ、どうすればいいんじゃ?」
弁慶「なんでも、この国にかくされている五本の名刀をあつめれば、
その力で入り口があらわれるそうですが……」
頼遠「五本の名刀?ひょっとすると………」
火鷹「『天下五剣』だ!」
阿古耶「そんなことにも、役立つなんて……本当に、ふしぎな刀ね」
北斗丸「さあ、東北に急ごう。平泉の、となりでしたね?」
弁慶「そうです。お気をつけて」
阿古耶「そういうことなら、早く五本そろえなきゃ!」
頼遠「そうだな」
法輪「ひだのリョウメンスクナは、たしか………
えぞ、つがる、あき、とさ、ぶんご……と、いっとったな」
阿古耶「弁慶さんは、どうするの?」
弁慶「すいませんが………わしは、ついて行けません。
やっぱり、義経さまと戦うなんてできません………」
北斗丸「わかっています。いろいろ、ありがとう」
法輪「よし、出発じゃ!」
弁慶「わしは、くらま山へもどります。くれぐれも、気をつけてください。