×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 36


 


山人「おや、よそもんを見るのはめずらしいな」
山人「義経さまは、オラたちにやさしかっただ」
山人「義経さまは、すっかり変わってしまわれた………」
山人「義経さまのかたきを取ってください」
山人「おや、よそもんを見るのはめずらしいな」
山人「よそもんは、きらいだ。どうせ、おめえらも義経さまの敵じゃろうが」
山人「妖怪を使って、人を苦しめるなんて………あんなの、義経さまじゃねえ」
山人「おや、よそもんを見るのはめずらしいな」
山人「よそもんは、とっとと出ていけ」
山人「妖怪があばれてるのが、義経さまのせいだなんて、信じられないだ」
山人「この村のどこかに、かげろうのけしんまりしてんさまがいるだ」
山人「まりしてんさまを、見つけられる人間がいるとは………」

まりしてん「し、しまった!」
まりしてん「うぬぬ……だれにも見つからず、だれにもつかまらない、
このまりしてんが、こんな子どもに見つかるとは………むねん!」
法輪「まりしてんさま………これもなにかのごえんでしょう。
どうか、わしらに力をおかしくだされ」
まりしてん「………うむ、しかたないのう。
まりしてんを見つけたほうびに、力をかそう」
頼遠は『まりしてん』をおろせるようになった!



阿古耶「あれ………ねえ、北斗丸。
このいぬ、けがしているみたいだよ。助けてあげようよ」
北斗丸「えっ、いぬ?少し、ちがうみたいだけど………まあいいか。
でも、助けるたってどうやって………」
阿古耶「それをかんがえてよ」
北斗丸「う−ん…………神さまに、おねがいしようか」
阿古耶「うん、それだ!法輪さん、みろくさまの術を使ってよ」
法輪「よっしゃ!」
阿古耶「もう、だいじょうぶだよ。きをつけてね、わんちゃん」
こまいぬ「ありがとう」
阿古耶「えっ?えっ?今、このいぬが、しゃべったの!?」
法輪「もういっぴき、いるぞい」
こまいぬ「ぼくたちは、いぬではありません。こまいぬです」
阿古耶「だから、いぬでしょ」
頼遠「阿古耶………こまいぬは神につかえる、ししだ」
北斗丸「しし!?」
こまいぬ「おれいに旅のおともをさせて下さい」
こまいぬ「おねがいです」
阿古耶「かわいい!………ねえ北斗丸、連れていっちゃだめ?」
北斗丸「いいよ」
阿古耶「やったあ!ありがとう、北斗丸!」
阿古耶は、『こまいぬ』をおろせるようになった!!



うしまつ「こうげきりょくを1ふやしますぜ。
『ちからのたま』をくれれば、おともしやしょう!」
仲間にしますか?

うしまつ「あ−あ、つまんねぇの!」
うしまつ「たまにゃぁ、あばれてみるのもいっか!!」
うしまつが仲間になった!

うしまつ「なんだ、仲間がいっぱいじゃないか!でなおしてくるんだな!!」
うしまつ「『ちからのたま』をくれなきゃ、いかないよ!」



もへい「ぼうぎょりょくを1ふやしますぜ。
『まもりのたま』をくれりゃ、ごいっしょしやしょう」
仲間にしますか?

もへい「しかたがないな。あっしのことは、きにしないでくだせぇ」
もへい「ひさしぶりに旅にでてみるか!」
もへいが仲間になった!

もへい「仲間がいっぱいだぜ。それじゃぁ、いっしょにいけないよ」
もへい「あっしを、だます気ですかい?
『まもりのたま』なんぞ、持ってねぇでしょうが!」



ちゅうたろう「しゅんぱつりょくを1ふやします。
『はやてのたま』をくれりゃ、いっしょに行きます」
仲間にしますか?

ちゅうたろう「ひまだから、のはらでもはしるか!」
ちゅうたろう「うれしくって、はねちゃうよ−ん!!」
ちゅうたろうが仲間になった!

ちゅうたろう「ちょっと、ちょっと。にんずうがおおすぎるよん。また今度さそってね!」
ちゅうたろう「『はやてのたま』をもってないよ。
くれなきゃ、いっしょにいかないからね!」