×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 32





頼遠「なんてことだ。見わたすかぎり、まっしろだぞ。
人家もなにも、見えやしない」
北斗丸「このままじゃ、行きだおれになってしまうよ」
阿古耶「も、もうダメェ。つかれて、ねむくなってきちゃった………」
法輪「これ、ねむっちゃいかんぞ!
………とはいえ、わしもいささか、つかれたわい………」
北斗丸「どうしたらいいんだ………」
頼遠「北斗丸、あれを見ろ!」
北斗丸「女の人だ………しかも、あんなかっこうで」
頼遠「このさむさの中で、あれはふつうじゃない………
あいつ、人間じゃないな。ゆきおんなだろう」
北斗丸「ゆきおんなだって?」
ゆきおんな「………あなたたちは、どこまで行くのですか?」
北斗丸「えっ、あ………それが、みちにまよっちゃって………」
頼遠「北斗丸!ゆきおんなと話をしちゃダメだ!!」
北斗丸「ええっ!?」
ゆきおんな「ア−ッハッハッハ、まんまと引っかかったわね。
わたしと話したがさいご、このゆきの中から出ることはもう、できないのよ!」
北斗丸「そんな、ひどいじゃないか!」
ゆきおんな「わたしはね、気に入った男をこおらせるのが、しゅみなの。
でも、あんしんしてちょうだい。あなたたちは、わたしの家にかざっておいてあげる」
阿古耶「気に入った男って………あたしは女だよ。あたしは、どうなるのさ?」
ゆきおんな「女はいらない。そのへんに、すてていくわ」
阿古耶「なんですってえ!ふざけんじゃないわよっ!!」
頼遠「北斗丸………ここからにげ出すには、ゆきおんなを倒すしか、なさそうだぞ」
北斗丸「そうだな。よし勝負だ、ゆきおんな!」
ゆきおんな「あ−ら、こしゃくなぼうやね。いいわ、あいてになってあげる!」
ゆきおんなが、おそってきた!



北斗丸「うう………」
ゆきおんな「ウフフ、うれしいわ。さあ、家に行きましょうか………
きれいに、かざってあげるからね」



ゆきおんな「あああ………に、人間なんかに……ま、負けるなんてえ………」
火鷹「ふざけんな。オレは、てめえなんかより強いぜ」
北斗丸「さあ、ここから出してくれ」
ゆきおんな「フッ……くやしいけれど、わたしの負けね。わかったわ」
ゆきおんな「でも、ざんねん。あなたたちを、家にかざりたかったわ………
気が変わったら、また来てね……」
頼遠「じょうだんじゃない!」
北斗丸「うわっ!?急にふぶいてきたな」
頼遠「早く、このあたりをぬけ出さないと、こごえてしまうぞ」




ふうり「ワイのなわばりにまた入って来るなんて、ふてえヤツらじゃあ。
ちょっと、こらしめてやるぜい」
北斗丸「今度こそ負けないぞ!!」
ふうり「やかましいぞう!」
ふうりが、おそってきた!


とつぜん、なにかがとんできた!
頼遠「あっ、あぶないッ!」
ふうり「ちぇっ、はずれたぜい」
北斗丸「だれだ、出てこい!」
ふうり「わめくんじゃねえぞう。今、行くぞう」
ふうり「ワイは、ふうりだぞう。
ワイのなわばりに勝手に入って来るなんて、ふてえヤツらじゃあ。
ちょっと、こらしめてやるぜい」
北斗丸「なんだって、らんぼうなヤツだな!」
ふうり「やかましいぞう!」
ふうりが、おそってきた!


北斗丸「うう………ま、負けた……」
ふうり「ざまあみろお。二度と、ここへ来るんじゃないぞう」



ふうり「うう………イテテエ」
北斗丸「これで、こりたろう。もう、らんぼうをするんじゃないぞ」
頼遠「少しあまいんじゃないか?北斗丸。
こんな、人をこまらせるようなヤツには、きびしいばつを与えてやったほうがいいぞ」
ふうり「かっ、かんべんしてくれい!もう二度と、こんなことしないよう」
北斗丸「こういってるし、ゆるしてやろう。
そのかわり、もう悪さをするんじゃないぞ」
阿古耶「また悪さしてるとこ見つけたら、今度は、ようしゃしないからね」
ふうり「よかったあ。ゆるしてくれて、ありがとう。
おれいに、この『しびれぐさ』をあげるよう。
これをなげてぶつけると、あいてのうごきがとまるんだあ。なにかに、役だててくれよう」
頼遠「ははあ、さっきなげてきたのは、これだったんだな」
ふうり「そうだよう。そんじゃ、ワイは帰るぞう」
『しびれぐさ』を9こ手に入れた!
『しびれぐさ』を手に入れた!



そうしゅん「魔力を、かなりかいふくさせてしんぜよう。仲間にしてみんか?」
仲間にしますか?
そうしゅん「このとしではむりなのかのぅ……」
そうしゅん「このろうこつのわざまえ、とくとごらんにいれようぞ!」
そうしゅんが仲間になった!え
そうしゅん「仲間がおおすぎるようじゃな。もうしばらく、ここでめいそうするとしよう」



北斗丸「こんなところに、あながあるぞ」
頼遠「本当だ。中に入るには、少し小さすぎるがな」
声「やくそうをください………やくそうをください………」
北斗丸「あなの中から、声がする!やくそうがほしいって、いってるみたいだ」
頼遠「やくそうなら、あるけれど………どうする、北斗丸?
このあなに、やくそうを入れてみるか?」



頼遠「でも、やくそうなんて持っていないぞ」
北斗丸「なんだか、おもしろそうだな。入れてみよう」
北斗丸は、やくそうを、あなに入れた

声「………やくそうをください………もうひとつ、やくそうをください…………」
北斗丸「ええっ、もうひとつだって?」
頼遠「もう、やくそうがないぞ」
頼遠「やくそうなら、まだあるけれど………どうする、北斗丸?やくそうを入れるか?」
やくそうを入れますか?


北斗丸「やめておこう。大切なやくそうをムダ使いできないよ」
北斗丸「いくつ入れればいいんだろう?少し、心配になってきたな」
北斗丸は、やくそうをあなに入れた


声「ありがとう………あなたたちは、本当にやさしい方ですね………」
北斗丸「わっ!あ、あなたは?」
天女「わたしは、この山に住むものです。
やくそうのおれいにこのヒョウトクをあげましょう」
北斗丸「えっ、この男の子をですか?」
法輪「こりゃまた、ずいぶんババッチイこどもじゃのう」
天女「ええ………よごれたこどものように見えますが、
これでも、わたしたちの仲間です。この子を連れていけば、きっと、役に立つでしょう」
北斗丸「わ、わかりました。おあずかりします」
天女「この子がひつようなくなったら、仲間からはずしなさい。
この子は自分でここまで帰ってきますから」
北斗丸「はい」
天女「それでは、ヒョウトク。
この人たちが、おまえをひつようとしなくなるまで、ついていきなさい。
わかりましたね?」
ヒョウトク「アイ」
ヒョウトクが、仲間になった!
天女「それでは、しっかりね………」