×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 25




じらいや「たたかいのあいだにどうぐをぬすんでやるぜ!
ひまだから、ただでなかまになってやるぜ」
仲間にしますか?
じらいや「かってにしな!」
じらいや「じらいやさまの力をみせてやるぜ!」
じらいやが仲間になった!
じらいや「おいおい、仲間がいっぱいだぜでなおしてきな!!」



コロボックル「悪ものめ、かくごしろ−−−!」


北斗丸「うう、イテテ……」
コロポ「やい、まいったか!人間め、ポクルを返せ!」
北斗丸「えっ、なんだって?」
コロポ「しらばっくれるな!
おまえたちが、ポクルをさらっていったのは、わかってるんだぞ」
阿古耶「ポクルって、だれよ?あたしたち、そんな人知らないよ」
法輪「そうじゃ。おまえさんたちに会ったのだって、はじめてじゃろうが」
オキクルミカムイ「コロポや、その人たちはウソをついていないよ」
コロポ「ええっ!?」
コロポ「ごめんなさい、すいません!
てっきり、ポクルをさらったヤツがまた来たんだと思ったから………」
法輪「やれやれ、わかってくれたようじゃな」
火鷹「ふざけた話だぜ」
コロポ「そんなに、おこらないでください。
ごめんなさい、悪かったと思ってます」
阿古耶「気にしなくていいよ。火鷹は、もともとこわい顔なの」



コロポ「ま、負けた………うう………ボクも男だ、かくごはできてる。殺せ!」
北斗丸「はあ?」
コロポ「ごめんよ、ポクル。
助けてあげられなくて………生まれかわったら、また会おうね」
阿古耶「ちょっと、ちょっと!なに、一人でつっぱしってんのさ。
そっちが勝手に、かかってきたクセして」
法輪「さっきからポクルっていっとるがその人が、どうしたのかね?」
コロポ「えっ?」

オキクルミカムイ「コロポよ、また早トチリをしたようじゃな……」
コロポ「じゃ、じゃあ……あなたたち、ヤツらの仲間じゃないんですか?」
頼遠「なにか、わけありらしいな………よかったら、話してみないか」
北斗丸「そうだね、オレたちが力になれることなら、手伝ってあげられるかもしれないし」
コロポ「いいんですか?ボクたち、ひどいことしちゃったのに」
阿古耶「いいわよ、もう」

オキクルミカムイ「コロポ……この人たちは、信用してもいいようじゃ」
コロポ「カムイさま」
オキクルミカムイ「お客人、こちらへ来なされ」


オキクルミカムイ「わしは、オキクルミカムイ。
かれら、コロボックルたちの守り神じゃ。
このたびのことは、すべて、わしの力がたりなかったせいなのじゃ………
コロポたちを、ゆるしておくれ」
コロポ「カムイさまは、悪くないです!悪いのは、山ぞくのヤツらです」
北斗丸「山ぞくだって?」
オキクルミカムイ「ああ、先日のことじゃ………
山ぞくどもが、この迷いの森に入ってきおったのじゃ。
あいにく、コロポたち男は出かけていてな……
のこっていた女のうち、にげおくれたポクルが、つかまってしまったのじゃ。
もちろん、わしは追いかけようとしたが………」
コロポ「カムイさまは、この森から出られないんです」
オキクルミカムイ「神といっても、わしの力はこの森から与えられているものじゃからな………
まんまと、ポクルをさらわれてしまったのじゃよ」
阿古耶「そうだったの……」
コロポ「カムイさま!やっぱり、こっちから行きましょう。
山ぞくだって、ボクらにおそわれるなんて、思ってないでしょう」
オキクルミカムイ「それは、きけんじゃ………
それに、おまえたちが山ぞくのとりでまで行くのに、どれくらいかかるか……」

阿古耶「………北斗丸!」
北斗丸「わかってるよ。……カムイさま、オレたちが行きましょうか?」
法輪「おお、それがいいわい。
このコロポさんとやらよりは、わしらの方が、あしがはやいからのう」
オキクルミカムイ「しかし、これ以上めいわくをかけては………」
頼遠「ここまで知ったんだ。今さら、知らん顔はできないさ」
北斗丸「火鷹も、いいだろ?」
火鷹「……ったく!おまえらの人のよさには、あきれるのを通りこして感心するぜ」
コロポ「ボクも、連れて行ってください!
ポクルはきっと、知らない人を見たら、こわがると思うんです」
阿古耶「それもそうだね。いっしょに行こう」
オキクルミカムイ「ありがとう。わしがなさけないばかりに………
せめてものおれいに、もどって来たらわしの宝刀をあげよう。
きっと、ぶじに帰って来るのじゃぞ」
北斗丸「はい、いってきます。さあ、コロポ」
コロポ「はいっ!」
コロポが仲間になった!
オキクルミカムイ「山ぞくのとりでは、この森の北西じゃ」
北斗丸「わかりました」
オキクルミカムイ「では、わしの力で、この森から出してやろう。
気をつけてな………そ−−−れ!」
オキクルミカムイ「ポクルは、ぶじでいるじゃろうか……
山ぞくのとりでは、この森の北西にある。ケガを治してやるからがんばっておくれ」
みんなは、元気になった!

オキクルミカムイ「おお、元気かね。
コロボックルたちは、また人間と仲よくなったようじゃ。
ポクルは、まだこわがっとるが……あんな目にあったんじゃ。まあ、しょうがない」
コロポ「やあ、もっと遊びに来てくださいよ。あなたたちなら、大かんげいです」
ポクル「人間にも、いい人がいるのはわかったけど………やっぱり、ちょっとこわいんです」



男「おう、なんの用だ!人の家を、ジロジロのぞくんじゃねえ!」
北斗丸「ここが、山ぞくの住みかかな」
コロポ「そうです、ここです!ポクルのにおいがするもの!」
頼遠「よし、おくに入ろうぜ」



おやぶん「なんだ、てめえら!ここを、このオレさまの家と知って、来たのか?」
コロポ「うるさいやい、山ぞくめ!ポクルを返せ!」
おやぶん「ほほう、コロボックルか。
つかまえて、このあいだのヤツといっしょに、うりとばしてやるぜ」
北斗丸「そうはさせないぞ!」


おやぶん「いせいのいいガキだな。だが、オレさまにさからうと、いたい目にあうぞ」
阿古耶「やれるもんなら、やってみりゃいいじゃん!」
おやぶん「なにを!」
おやぶんが、おそってきた!


コロポ「ポクル−−−!ポクル−−−!」
ポクル「コロポ………コロポなの?」
コロポ「ポクル!どこにいるんだい?」
ポクル「ここよ、コロポ!このはこの中」
ポクル「コロポ、ありがとう!きっと、来てくれると思ってたわ」
コロポ「ボクよりも、この人間さんにおれいをいってよ」
ポクル「ありがとう、人間さん」
北斗丸「ぶじでよかったね。さあ、にげなくちゃ。オレのかたにのって」
コロポ「はいっ」
ポクルが仲間になった!