×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 23


ぬらりひょん「おや、また会ったねえ、ぼうや。
おもりの弁慶は今日は、おやすみかい?」
北斗丸「ぬらりひょん、勝負だ!」
ぬらりひょん「フン。おまえらなんかにやられるぬらりひょんさまじゃないんだよ」
阿古耶「ぜったい、まけないわ!ゆうかのかたき、今日こそとってやる」
ぬらりひょん「じゃあ、やってみるんだね!!」
ぬらりひょんが、おそってきた!
阿古耶「やったわ!ぬらりひょんを、やっつけたんだ!」
ぬらりひょん「く、くやしい………あたしのやぼうがこんなところでおわるなんて………
せっかく、義経をりようして、力をたくわえたのに……
もう少しで、妖怪の王国ができたのにぃ………!」
法輪「悪はかならず、ほろびるものじゃ」
ぬらりひょん「クッ……だが、あたしが死んでも、義経がいる………
義経が、きっとかたきを取るぞ………」
北斗丸「なんだって?」
ぬらりひょん「むかし、死にかけた義経を助けたのはこのあたしなんだからね………」



義経「………も、もうダメだ………
オレはこのまま、うらぎりものとして死ぬのか………」
ぬらりひょん「義経よ………義経よ、目ざめよ………」
義経「……うう………オレをよぶのは、だれだ………」
ぬらりひょん「義経よ………あたしが、おまえのうらみを、はらしてあげよう」
義経「おまえはだれだ……?」
ぬらりひょん「わが名は、ぬらりひょん。頼朝にねらわれている、妖怪の一人さ。
どうだい、あたしと手をくんで、妖怪を助けちゃくれないか?」
義経「妖怪を助ける………?」
ぬらりひょん「そうさ。おまえ、頼朝にうらぎられたんだろう?
頼朝がにくいのは、あたしたち妖怪と同じはずさ………いっしょに、頼朝をやっつけよう」
義経「兄上を………やっつける………」
ぬらりひょん「そうだ、頼朝を殺すんだよ!」
義経「頼朝を………殺す………」
ぬらりひょん「ホッホッホッ、これでいい。
妖怪に人気のある義経がいれば、いくらでも仲間がふえるにちがいない………
妖怪の王になるという、あたしのやぼうもかなうよ……ホ−ッホッホッホ……」



ぬらりひょん「………今や、義経はあたしの味方さ。
人間をみな殺しにするまで、まんぞくしないだろうよ………」
頼遠「きさま、なんてことを!」
ぬらりひょん「フン……元はといえば、頼朝が悪いんだろう。
あたしたちは、自分を守ろうとしただけさ………」
阿古耶「でも、そんなやり方、まちがってる」
ぬらりひょん「なんとでも、いうがいい………この勝負、妖怪の勝ち……さ……」




しかけがあります。おしてみますか?
ふしぎな光をあびて元気になった!