×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 13



主人「ありがとうございました」



命の玉を手に入れた!
聖なる玉を手に入れた!
ふしぎな光をあびて元気になった!



悪路王「なんだ、きさまら!」
北斗丸「おまえを、やっつけに来たんだ。姫を返せ!」
悪路王「ああ、あの姫を取り返しに来たのか……わらわせるなよ。
このオレさまが、人間なんぞに負けるわけがなかろう」
頼遠「やってみなければ、わかるものか!」
悪路王「おや、勝てる気でいるのか?ワッハッハッ、おろかよのう。
かわいいのう。自分の実力さえ、わきまえておらぬとは…………
まあ、よい。その思い上がり、すぐにうちくだいてくれるわ!」
火鷹「……よく、しゃべるヤツだな。さっさとおわらそうぜ」
悪路王「なんだと、なまいきな!行くぞ!」
悪路王が、おそってきた!

悪路王「バカな……こんなバカな……オレさまが、人間に負けるなんてぇ……
そ、そうか、おまえら人間じゃないんだな?そうだ、そうに決まってる。
でなきゃ、この悪路王さまが負けるわけないんだ……チクショウ、それに気づいていれば………」
悪路王「グワァッ!」
火鷹「てめえのおしゃべりは聞きあきた…………静かにねむりな」
頼遠「なにをするんだ!わざわざ、とどめをさすことはないだろう!」
火鷹「どうせ死ぬんだ。同じことだろ」
姫「助けに来てくれたんですね!ありがとう、とってもこわかったわ」
北斗丸「ぶじでよかった。さあ、帰りましょう」
姫「待って。わたし、ここでこんなものを、見つけたんです」
火鷹「そ、それは……!」
頼遠「刀だ。それも、かなり古いものだぞ」
北斗丸「名前がほってあるよ……え−と、お・に・ま・る……この刀、鬼丸っていうんだ」
姫「ね、いわくがありそうでしょう」
法輪「それを持って、とにかくここを出ようぞ。
敵の城のドまん中だと思うと、どうもおちつかんわい」
頼遠「そうだな」
聖魔刀鬼丸を手に入れた!

からっぽです!