×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 12


頼遠「また、地くずれがおきるかもしれないぞ。入るのは、やめておこう」
ふしぎな光をあびて元気になった!
火鷹「ここにはもう、ようがないぜ」
北斗丸「うわっ、じしんか!?」
頼遠「地底城がくずれるぞ!早くにげるんだ!」
法輪「うわああ−−−っ!!」
北斗丸「はあ、はあ……助かったあ」
法輪「もうダメかと思ったわい。でも、まあ、これでひとあんしんじゃな」
頼遠「そうだな。じゃあ、鎌倉にもどろうか」
猪月「待てっ!」
火鷹「てめえは、猪月!」
北斗丸「いづき?火鷹、知りあいかい?」
猪月「見つけたぞ、火鷹。そのようすでは、れいのものを手に入れたようだな」
北斗丸「れいのものって………あなたは、だれなんですか?」
火鷹「おまえらには、かんけいねえ。ヤツは、オレに用があるのさ」
猪月「そうだとも。
おとなしくしていれば、そなたたちには、めいわくをかけない。引っこんでいたまえ」
法輪「そ、そうはいってもなあ」
猪月「さあ、火鷹。れいのものを、わたすんだ」
火鷹「いやだね」
猪月「それなら、うばいとるまで!」
猪月が、おそってきた!


火鷹「そんなうでで、このオレに勝とうなんざ、どだいムリなんだよ」
猪月「クッ……わたしは、あきらめないからな」
北斗丸「火鷹。あの、いづきって人……なにを、ほしがっていたんだろう?」
火鷹「………知らねえよ」
頼遠「そんなはず、ないだろう」
火鷹「うるせえな。てめえらには、かんけいねえっていってんだろ」
北斗丸「火鷹!」
北斗丸「どこへ行くんだ、火鷹!」
頼遠「おまえ、鬼丸とかいう刀をぬすんだだろう!
うさんくさいヤツだと思っていたが、とうとうシッポを出したな」
火鷹「ぬすんだ?これは、オレのものだ!」
北斗丸「えっ、どういう意味だ?」
法輪「おまえさん、ひょっとしてはじめから鬼丸が目当てで、仲間になったのかい?」
火鷹「……フッ、そうだとも。
東北の妖怪の親玉が、この鬼丸を持ってるってことまでは、つきとめたんだが…………
いくらオレでも、地底城に一人でのりこむ自信はねえからな。
こまっていたところに、おあつらえむきに、おまえらがやってきたってわけさ」
頼遠「だましたのか!」
火鷹「おまえらは、お姫さん目当てだったんだろうが。
おたがい目的は、はたしたんだ。人聞きの悪いことをいうんじゃねえよ」
法輪「なんてヤツじゃ!」

北斗丸「待ってくれ、みんな!火鷹のいうことも、もっともだ。
だから、火鷹がどうして鬼丸をほしがるのかわかったら、ゆずってもいいよ」
頼遠「北斗丸!?」
法輪「おまえさんは、なんとお人好しなんじゃ」
火鷹「まったくだぜ…………
このままにげ切る自信はあるが、北斗丸にめんじて話してやるよ。
おまえら、『天下五剣』を知っているか?」
頼遠「いや、知らないな」
火鷹「『天下五剣』とは、
この国の中で、いずれおとらぬ名刀とされている五本の刀のことだ。
これを手に入れたものは、とてつもない力をもつと聞く。
だがな、じつは『天下五剣』には、正当な持ち主がいるのさ。
その持ち主が手にしたとき、『天下五剣』が持ち主のたいないにねむる力をかいほうさせる。
岩をもくだくうでや、大ぞらをかけるつばさ……人でないものの力をな。
そして、この鬼丸こそが、『天下五剣』の一本なんだ」
北斗丸「そうだったのか……」
頼遠「待て、北斗丸!だまされるな。
どうして自分が、鬼丸の正当な持ち主だと、わかるんだ?」
火鷹「わかるとも。オレの家には、正当な持ち主の血が受けつがれているんだ。
少なくとも、五剣のうちの一本はオレのものにちがいない!見ていろ!」
火鷹「今、あかしを見せてやる!!鬼丸!目覚めて、われに力を与えよ!!」

頼遠「……なにもおこらないぞ」
火鷹「バ…カな………鬼丸も、オレのものではなかったというのか?
四国で見つけた刀も、オレを受け入れなかった。
今度こそ、まちがいないと思ったのに………」
北斗丸「火鷹……」
火鷹「……返してやるよ。どうやら、そいつもオレの刀ではなかったらしい」
法輪「また、あたらしい刀を探しに行くのか?」
火鷹「ああ。オレの刀は、まだこの国のどこかでねむっているらしいからな。
じゃあ、えんがあったら、また会おうぜ」
火鷹が、仲間からはなれた!
北斗丸「どうして、そんなくろうをしてまで、刀を探すんだ?」
火鷹「強くなりたいからだ。他に、りゆうがいるか?」
北斗丸「火鷹……」
北斗丸「火鷹、自分の刀を見つけられるかな」
法輪「ああ、あいつならきっと、見つけるじゃろうて」
北斗丸「それにしても、あとの刀は、どこにあるのかな。一本は、四国だといってたけど」