×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 7


頼朝「ム……だれかと思えば、おまえたちか。
わしのけらいどもが、おまえたちを敵とまちがえたらしい。
すまなかった………さあ、ここへ来てすわれ」

頼朝「ところで、『やたのかがみ』と『くさなぎのつるぎ』は手に入れたのか?」
頼遠「………はい」
頼朝「そうか、でかした。どれ、見せてみよ」
頼遠「はい」
頼朝「おお!これぞ、まさしく『三種の神器』だ………」
法輪「な、なんじゃ!?」
北斗丸「『やたのかがみ』と、『くさなぎのつるぎ』が光ってる!」
阿古耶「あそこの、つづらもだよっ!」
火鷹「見ろ!」
法輪「こ、これは……『やさかにのまがたま』じゃ!」
頼朝「し……しまった!」
頼遠「『やさかにのまがたま』は、義経が持っているのでは、なかったのですか!?」
頼朝「うう……」
北斗丸「ウソをついたんだな!!」
頼朝「うるさい!それをよこせ!」

北斗丸「あっ!」
火鷹「てめえ、それをどうする気だ!」
頼朝「決まっているだろう!『三種の神器』の力をりようして、妖怪どもをみな殺しにするのだ」
頼遠「や、やっぱり………」
頼朝「わかったら、おまえたちもてつだえ。妖怪は、まだ、たくさんいるのだからな」
法輪「いい妖怪まで殺そうというのじゃろ!そんなこと、てつだえるかい!」
頼朝「この世の中に、妖怪はいらぬ。このわしと、わしのけらいたちがいればいいのだ。
鬼追うものの血にかけて、この国に妖怪が住むことはゆるさぬ!」
阿古耶「この人、変よ………まともじゃない」
頼朝「さあ、わしとともに妖怪をやっつけるのだ!」
北斗丸「ことわる。そんなことに、手をかすつもりはない!」
頼朝「なんだと!?このわしに、さからおうというのか………
このうらぎりものめ!やっぱり頼遠がひろってきたとき、殺しておけばよかったわ!」
北斗丸「なんだって!?」
頼朝「義経のこどもだということは、わかっていたのだ。
なにかの役に立つと思い、力を封じて生かしておいてやったのに………その恩を、アダで返しおって!」

頼遠「ち……父上、なんてことを!あなたは、まちがっています」
頼朝「なんだと?頼遠、おまえまでがたぶらかされおって………」
頼遠「父上、オレは見たんです………
黄泉の国の義仲どのや、義経どのが転身するのを………そして、このオレも。
父上!源氏の人間は、妖怪の血を受けついでいるのではないですか?
だから、みんな転身できるんじゃないのですか!?」
頼朝「なにをいうか!鬼追うものの源氏に、そんなけがれた血が、ながれているはずないだろう。
いいかげんなことをいうと、ゆるさんぞ!」
頼遠「本当です、父上!だから、目をさましてください……
妖怪と、仲よくやってゆきましょう」
頼朝「目をさませだと?だれに、いっているのだ!この恩知らず!源氏のツラよごしめ!!」

頼遠「うっ!」
北斗丸「頼遠−−−!!」
頼遠「だ……だいじょうぶだ………きずは、あさい………」
法輪「きさま、それでも親か!」
頼朝「わしのいうことを、聞かぬむすこなどいらぬ。
ましてや、妖怪などにたぶらかされる、おろかものなど……
こうなったら、この手で殺してやることこそ、親のつとめだ」
阿古耶「ふざけないでよ!親の勝手ですてられたり、殺されたり………
こどもだって、生きるけんりがあるんだ!」
北斗丸「そうだとも。頼朝!おまえだけはゆるせない!」
頼朝「なにを、なまいきな!」
頼遠「父上………いや、頼朝さま………まだ、わからないのですか?
このままでは………オレは、あなたを切らなきゃならない……」
頼朝「だまれ、うらぎりものども!わしにそんな口をきいたこと、こうかいさせてやる!!」

頼遠「よ、頼朝ォ−−−−!!」
頼朝が、おそってきた!



頼朝「ぐ……お……ば、ばかな……」
頼遠「父上……」
頼朝「し……死ねぬ……このままでは、死ねぬぞ−−−!!」
北斗丸「て、転身!?」
頼遠「父上!?」
頼朝「ほこりたかき源氏のちにかけて、きさまらを、たおす!!」
頼朝が、転身しておそってきた!



頼朝「も……もう少しで、妖怪のいない国になったものを……む、むねんだ……」
北斗丸「おわった………」
阿古耶「頼遠、だいじょうぶ?」
頼遠「ああ……やっと、おわったな………」
景時「きさまら、なんてことを!!」
頼遠「あ、あなたは………父上の部下の、景時さん!」
景時「きさまら、よくも……よくも………」
北斗丸「ま、待って下さい。頼朝は、この国をメチャクチャにしようとしたんです。
だから、オレたちは頼朝をやっつけたんです」
阿古耶「ウソじゃないわよ」
景時「そんなことは、どうでもいいのだ!よくも、頼朝を殺したな」
法輪「な、なんじゃと!?」
景時「頼朝の部下のふりをして、長い間待っていたのに……これで、すべてが水のあわだ!」
火鷹「どういうことだ!?」
景時「頼朝は、わしのあやつり人形だったのじゃ。
鬼追うものといわれる源氏ももとをただせば、妖怪と同じ血がながれている。
しかし、それを知らない頼朝は、わしのいうとおりに妖怪を殺したのだ……
ジャマをしようとする義経を、平泉の近くのやしきで殺そうとしたのも、わしさ」
頼遠「父上は、おまえのせいで、あんな人になってしまったんだな!」
北斗丸「とうさんをおそったのは、おまえだったのか!おまえは、なにものなんだ!」

景時「教えてやろう。今のかっこうはかりのすがた。わしこそは、源氏の守り神じゃ!!」
アビヒコ「この国を、とおときわれらのものにするべきなのじゃ。
これこそが、源氏の守り神であるわしのしめい!
それなのに、ジャマをしおって……そのつみ、死にあたいする!!」

魔神アビヒコが、おそってきた!




頼遠「北斗丸………」
北斗丸「……これで、父さんたちのかたきがとれたね………頼遠」
頼遠「ああ、そうだな……」
阿古耶「北斗丸、頼遠………」
北斗丸「これでおわりだろう………今度こそ、本当に」
阿古耶「きゃあっ!な、なに!?」
火鷹「これは………あぶねえ、ここはくずれるぞ!」
北斗丸「みんな、いそいでここを出るんだ!」