×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 6


ふうじん「ふう。それにしても、こまったものだ」
らいじん「ああ。早く、らごらさまを見つけてんかいに帰らぬと、あしゅらさまにしかられてしまうぞ」
ふうじん「んっ!?なんだ、おぬしたちは」
らいじん「人間よ、ぬすみぎきは、よくないな」
北斗丸「そんなつもりでは、なかったんです。ごめんなさい」
ふうじん「………フ−ム。らいじんよ、このものたちにたのんではどうかな」
らいじん「うむ。おぬし、名は?」
北斗丸「北斗丸です」
らいじん「そうか………北斗丸、われらのたのみを聞いてくれぬか?」
北斗丸「はあ………オレにできることでしたら」
らいじん「われらのあるじ、あしゅらさまのごそくじょ、らごらさまを見つけてほしいのだ」
ふうじん「かわりに、われらの力おぬしたちにかそう。どうだ?」
北斗丸「………はい、わかりました!」
らいじん「われらの力がひつようになったら、いつでも、よぶがよい」
ふうじん「おや?北斗丸には、よその神がついているのか。
それならば、そこのむすめよ………名はなんという?」
阿古耶「阿古耶です」
らいじん「よい名じゃ。では、阿古耶よおぬしがよんだとき、われらはあらわれるからのう」
阿古耶「はいっ!」
阿古耶は『ふうじんらいじん』をよべるようになった!!
らいじん「ではたのんだぞ」



北斗丸「こんなところに、つかがあるぞ。なんのつかだろう?」
頼遠「なにか、かいてある………『じゃござえもんづか』だそうだ」
法輪「じゃござえもん………つかをつくってもらえるなんて、よっぽどいいことをしたんじゃろうな」
阿古耶「どうして、こんなさびしいところにポツンとあるのかしら?」
火鷹「どうでもいいじゃねえか、こんなもん。早く行こうぜ」
北斗丸「なんだか、みょうに気になるなあ……」
北斗丸「やっぱり、気になるんだよな。どうしてだろう?」



一ノ神「おお………おお………待っていたぞ………」
北斗丸「なんだ、この声は?」
二ノ神「長かった………やっと、来てくれましたね………」
阿古耶「だれなの?なんの話をしてるのよ」
三ノ神「わらわたちは、この社にまつられし神じゃ………
長い間、そなたたちを待っていた……そなたたち、源氏をな………」
頼遠「なんだって!?どういうことなんだ?」
一ノ神「さあ、もっと近くへ来るがよい……」
一ノ神「源氏のものよ………今こそ、われらの宝をわたそう………」
北斗丸「宝だって?」
二ノ神「そう………そのむかし、そなたたちよりあずかりし、三体の人形じゃ………」
頼遠「あずかった?源氏のせんぞが、人形なんかをあずけたっていうのか」
三ノ神「知らないのかえ?ただの人形ではない………
三体そろえば、『天下五剣』を手に入れるためのカギとなるのだ………」
法輪「な、なんじゃと!?」
阿古耶「『天下五剣』のカギ!?」
火鷹「源氏のせんぞは、『天下五剣』の持ち主だったのか?」
北斗丸「どういうことなんですか?せつめいしてください」
一ノ神「よかろう………では、わしの社まで来なさい……」
一ノ神「おお………待っていたぞ………早く、すべての人形を手に入れよ………」
一ノ神「おお、そなたたちか………『天下五剣』は、手に入れたかね………」




北斗丸「な、なんだ!けっかいか!?」
景清「フッフッフ………待っていたぞ、源氏」
北斗丸「おまえは、だれだ!」
景清「わが名は、平景清。おまえらにほろぼされた平家のうらみ、今こそ思い知れ!」
景清が、おそってきた!
景清「うおお………またしても、源氏にまけるとは………
む、むねんじゃ。このうらみは、きっといつか……」
阿古耶「あっ、人形だよ!」
コハクの人形を、手に入れた!



頼遠「どこに行くんだ?北斗丸」



猪月「待てっ!」
北斗丸「あっ、あなたは猪月さん!」
猪月「今度こそ、負けないぞ!さあ、『天下五剣』をわたせ」
頼遠「おまえがねらっていたのは、『天下五剣』だったのか」
法輪「いきなり、わたせといわれてハイそうですかとわたせるかい!」
猪月「ならば、戦うまでだ!」
猪月が、おそってきた!
猪月「クッ……わたしは、あきらめないからな」
北斗丸「あなたも火鷹も、どうしてそんなに『天下五剣』を、ほしがるんですか?」
猪月「……火鷹にだけは、おくれを取りたくないのだ。
ヤツより先に『天下五剣』を手に入れ、ヤツのくやしがる顔を見てやりたい……………
いや、かならず見てやるとも。わたしが、ヤツよりもすぐれていることを、思い知らせてくれる!」
法輪「なんのこっちゃ?おまえさん、火鷹とはどういうかんけいなんじゃね」
猪月「どういうかんけいでも、あるものか……少し、しゃべりすぎたようだな。
いいか、わたしはぜったいに、あきらめないからな。いつか『天下五剣』をうばってやる!」