×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 4


ポクル「カムイさま−−−!」
オキクルミカムイ「おお、コロポ、ポクル!ぶじじゃったか」
コロポ「はい、あの人たちのおかげです」
オキクルミカムイ「ありがとう………これで、平和がもどった。
しかし、それよりうれしいのは、そなたたちが、わしらを助けてくれたことじゃ」
北斗丸「えっ、どういうことですか?」
オキクルミカムイ「山ぞくに仲間をさらわれて、
コロボックルたちは、人間をきらいになっていたのじゃ………
しかし、そなたたちが助けてくれたことで、きっと人間を見なおす気になったじゃろう」
コロポ「ボク、人間大好きです!」
ポクル「ちょっとこわかったけど、わたしも」
北斗丸「そうですか………よかった」
オキクルミカムイ「さあ、では、やくそくのものじゃ。この刀をやろう」
オキクルミカムイ「これは数珠丸といってな、たいへんな名刀なのじゃ。
正当な持ち主が持てば、そのものの力を引き山して、そのすがたさえ変えることができるらしい」
北斗丸「なんだって!?そ、それじゃあ……これは、ひょっとして?」
法輪「うおっ!?」
火鷹「これは、『天下五剣』の光!」
法輪「な、なんじゃあっ?わしの体が光り出しおったぞい!」
阿古耶「ええっ!?これって、ひょっとして………」
北斗丸「うん、オレのときと同じだ!法輪さん、その刀を取って!」
法輪「お……おう!」
法輪「え−と……北斗丸たちは、なんといってたかのう。たしか………」
阿古耶「たよりないわねえ。だいじょうぶなの?」
法輪「ええい、静かにしてくれ。わすれちまうわい………
おお、そうじゃ、そうじゃ。コホン……数珠丸よ、目覚めよ!われに、力を与えたまえ!」
霊宝刀数珠丸を手に入れた!
頼遠「法輪、そのすがたは!」
法輪「おお………信じられんことじゃが、
わしにも『天下五剣』の正当な持ち主の血が、受けつがれていたらしいのう………」

オキクルミカムイ「これは、おどろいた。まさか、そなたが数珠丸の持ち主だったとは………
そうか、まだ『天下五剣』を使えるものがいたのか………
『天下五剣』の持ち主たちは、はるかなむかし、この国中にちらばったという。
自分のこどもにさえ、正体をあかさなかったので、
いつしか『天下五剣』の名は、わすれられていったのじゃよ」
阿古耶「これで、四本だね」
北斗丸「あと一本、ぜったいに見つけてやるぞ」
オキクルミカムイ「そなたたちは、『天下五剣』を探しているのかね。
わしが知るかぎりでは、きゅうしゅうに一本、あったと思うがのう」
北斗丸「五本目の『天下五剣』が、きゅうしゅうに!?」
法輪「リョウメンスクナがいっておったな。たしか、ぶんご……とか」
頼遠「きゅうしゅうのぶんごといえば、すおう村の南のうみの、むこうだろう。
どうやったら、行けるんだ?」
北斗丸「わからないけど………行ってみるしかないだろう。あと一本なんだから」
オキクルミカムイ「さあ、それでは行くがいい。
そなたたちのことは、決してわすれまいぞ。本当に、ありがとう」
コロポ「ありがとうございました、みなさん」
ポクル「お元気で、旅をつづけてください」
北斗丸「はい。みなさんも、お元気で」
オキクルミカムイ「では、わしの力でこの森のそとに出してやろう。
気をつけてな………そ−−−れ!」





北斗丸「これは、なんだろう?なにかの、たてものみたいだけど」
頼遠「入り口が、岩でふさがれているな。これでは、中に入れないぞ」
北斗丸「これが、キツネのとりでかな?」
頼遠「どうやら、そうらしいな」
阿古耶「早く、入ってみようよ」
なぞの声「まてぇぇいっ!!」
阿古耶「えっ!?な、なに?」
北斗丸「なんだろう?」
大男「きさまら、オレのなわばりでわるさはゆるさんぞ!!」
火鷹「なんだ、てめえは。えらそうな口きくんじゃねえ!」
頼遠「あの火鷹を、たったいちげきで!?」
大男「正体をあらわせ!この妖怪ども!」
北斗丸「オレたちは、妖怪じゃありません!妖怪と戦うために、旅をしているものです」
男「なんだと!?」
女「あなた………また、てあらなことをしたのではないでしょうね?」
男「い、いや………」
阿古耶「うそつき!さっき、火鷹をつきとばしたじゃないか!」
男「いや、すまん………つい。
人間のくせに、みょうに強大な力を持っているものだから、
てっきり妖怪が、ばけているのかと……」
北斗丸「あなたたちは、いったい………?」
男「………くしなだ、よいな」
くしなだ「はい」
すさのお「わが名は、すさのお。大うなばらをおさめし神だ。
こっちはオレのつま、くしなだじゃ」
法輪「な、な、な、なんとっ!?」
北斗丸「どうして、すさのお神がこんなところに!?」
すさのお「今、この世は、わざわいにみちているからだ。
わざわざ、このオレが出むこうと思うほどにな」
くしなだ「あなた………この人たちならだいじょうぶでしょう」
すさのお「………そうかもしれん。そこの少年、わびのしるしに、オレが力をかしてやる。
ひつような時はいつでもよべ。じゃあな」
北斗丸は『すさのお』をおろせるようになった!!
くしなだ「すまないことをしましたね。さあ、このいしをあげましょう。
きっと、役に立つときがありますよ。では、くじけずがんばるのですよ」
『あらいそのいし』を手に入れた!!

火鷹「……………」
法輪「おや、なにをだまっとるんじゃ?おまえが戦おうとしたのは神じゃ。
それも、すさのお神じゃぞ。勝てるわけなかろうが」
火鷹「……………」
阿古耶「よっぽど、くやしかったんだねえ」
北斗丸「火鷹、元気を出せよ」
火鷹「うるせえっ!!」