×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 3


おもいのかね「待て、そこの少年よ」
北斗丸「あ、あなたは!?」
おもいのかね「わしは、おもいのかねという神じゃ。
そこの少年に、ただならぬ力を感じてやってきた」
北斗丸「えっ、オレのことですか?」
おもいのかね「そうだ。少年よ………おまえは、なぜそんな力を持っているのだ?」


おもいのかね「つくよみ!それに、すさのおではないか!」
つくよみ「ひさしぶりですね、おもいのかね」
すさのお「生きてたか、じじい!」
おもいのかね「神に、生きるも死ぬもあるか、ばかもん。
しかし、おまえたちまで手助けをしているとは……この人間たちは、なんなのだ?」
つくよみ「あいかわらずですね………そのようすでは、なにも知らないのでしょう」
すさのお「妖怪どもが、さわぎだした。このままじゃ、この世はメチャクチャになっちまうんだよ。
だから、このオレさまが、力をかしてやってるんだ」
おもいのかね「なんと?ちょっと、かんがえごとをしていたら……とんでもないことになっとるのう」
つくよみ「おもいのかね、おねがいです。このものたちに、力をかしてやってください」
北斗丸「おねがいです!この世をすくうためお力をかしてください」
おもいのかね「……わかった。そういうことなら、力をかそう」
北斗丸「ありがとうございます!つくよみさまと、すさのおさまも」
すさのお「ま、いいってことよ」
つくよみ「がんばるのですよ、北斗丸」
おもいのかね「では、わしがひつようなときはよぶがよい………
それから、この『ひかりのいし』をやろうなにかのやくにたつかもしれん
さてと。そのあいだ、かんがえごとでもしているかな」
つくよみ「では、わたしたちももどりましょう……」
北斗丸は『おもいのかね』をおろせるようになった!
『ひかりのいし』を手に入れた


北斗丸「なんだかすごい気をかんじるけど気のせいかなぁ……」
だいだらぼっち「ぐごごごお!だれだ、わしをおこすのは!?」
阿古耶「きゃっ」
北斗丸「なんて大きな声なんだ」
法輪「それに、なんという大きさじゃ」
だいだらぼっち「わしの名はだいだらぼっち。用がないのなら、いねむりのじゃまをするな」
北斗丸「ま、待ってください!」
阿古耶「そんなに大きな体なら、きっとすごい力を持っているんでしょう?
その力を、かしてもらえませんか」
だいだらぼっち「なんだかしらんが、めんどうなことはごめんだね。
まあ、わしにたのみごとをしたければ、めずらしい酒でも、持って来るんだな」
だいだらぼっち「ぐごごお………んっ?なんだ、おまえらか。酒を持ってきたのか」
阿古耶「それは………」
だいだらぼっち「酒を持ってこい。話は、それからだ」
だいだらぼっち「ぐごごお………んっ?なんだ、おまえらか。酒を持ってきたのか」

阿古耶「お酒なら、あるよ。おおえ山の、しゅてんどうじにもらったやつ」
だいだらぼっち「なにっ!?そういえば、たしかに、いいにおいがする。
よし、わしにその酒をくれれば力になってやろう。どうだ?」
『しゅてんの酒』を、わたしますか?
阿古耶「だめよ、たかくうれるかもしれないんだから」
だいだらぼっち「そうか……………では、気が変わったら、また来てくれ。待っているぞ。
では、またねむるとするか……」
阿古耶「……………いいよ、あげる」
だいだらぼっち「おお、ありがたい!………う−む、なんとうまいんだ!
こんな、うまい酒をのんだのはひさしぶりじゃ!
それに、この酒はいくらのんでもなくならないふしぎな酒じゃ………
よし、やくそくどおり力をかすぞ。いつでも、よぶがいい」
阿古耶は『だいだらぼっち』をよべるようになった!!
だいだらぼっち「さあ、帰ってゆっくり酒をたのしむとするか!」

だいだらぼっち「酒をくれる気になったか?」
『しゅてんの酒』を、わたしますか?




阿古耶「あっ、見つけた!これが、こおりの花よ」
北斗丸「本当に、きれいな花だな………よし、つんで行こう」
こおりの花を、手に入れた!

北斗丸「わあ、めずらしいどうぶつがいるよ」
阿古耶「きれいなどうぶつだねえ」
法輪「おお!ありゃ、でんせつのしんじゅう、きりんじゃぞ」
頼遠「なんだって?」
北斗丸「きりん、まだいるよ」






阿古耶「行ってみようよ」
阿古耶「どうしたの、北斗丸?」
北斗丸「見えないかべが、あるみたいだ。……はかばに入れないよ」
北斗丸「あっ、頼遠!」
こくりばばあ「ムムッ、おいかけて来たのかい。しつこいヤツだね」
阿古耶「頼遠を元にもどしてよ!」
こくりばばあ「いやなこった。おまえらものろいで、びょうきにしてやるよ。ほ−れい!」

こくりばばあ「うっ!そ、それは、おがみ岩………」
阿古耶「あれ………体、なんともないよ」
法輪「おがみ岩のおかげじゃ。こくりばばあの力を、すい取ってくれたんじゃろう」
北斗丸「そうとわかれば、もうこわいものなしだ!かくごしろ!」
北斗丸「頼遠!」
阿古耶「頼遠、しっかりして!」
頼遠「う、う−ん………」
火鷹「……ったく、めんどうかけやがって」
法輪「おお、よかったわい。気がついたようじゃな」
頼遠「オレは、今までどうしてたんだ?
たしか、こくりばばあにやられてきぶんが悪くなって………みんなが、助けてくれたのか?」
阿古耶「まあね。とにかく、元気になってよかったじゃない」
北斗丸「こくりばばあを倒したから、頼遠が元気になったんなら………
きっと、まつまえ村の人たちも元気になってるね」
法輪「そうじゃな」
阿古耶「まつまえ村に、行ってみようよ」
北斗丸「うん」

阿古耶「ちょっと!北斗丸早く頼遠を助けなきゃ!」