×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 1


頼遠「早く、頼朝さまのところに行こう」
頼遠「ひらいずみは、東北で一番大きな町だ」
北斗丸「姫は、そこにいるのかな」
北斗丸「どうくつは、村の北東の山だっていってたな」

北斗丸「ざしきの妖怪は、きっとオレの手で、やっつけてやるぞ」
北斗丸「たいへんなことになってしまった………とにかく、頼朝さまに会わなくちゃ」
頼遠「平泉は、東北で一番、大きな町だ」
北斗丸「姫は、そこにいるのかな」
北斗丸「どうくつは、村の北西の山だって、いってたな」
頼遠「鬼ババは、ふつうの人のふりをして、人をだますというぞ。気をつけろよ、北斗丸」
北斗丸「うん、頼遠もね」
北斗丸「さあ、東北の平泉に行こう」

頼遠「平泉には、姫をさらった妖怪がいるはずだ。みんな、気をつけろよ」
法輪「おう、わしにまかせておけ!」
北斗丸「早く、姫をたすけなきゃ!」

法輪「やっぱり、藤原があやしいわい」
北斗丸「とにかく、妖怪をこの日でたしかめてみようよ」
頼遠「よし、じゃあやどやで、夜になるのを待つとするか」
頼遠「藤原が、なぜウソをついたのか………」
北斗丸「そのわけを、しらべなくちゃ!」

北斗丸「つがるの地底城に、いそごう」
法輪「つがるといえば、ひらいずみの北西だったのう」
火鷹「たしか、つがるには大きな山があったはずだ。そこが、あやしいぜ」
北斗丸「頼朝さまの姫は、どこにいるんだろう」
北斗丸「さあ、早く鎌倉に帰ろう」
北斗丸「さあ、頼朝さまのところへ行こう!」

北斗丸「『やたのかがみ』を探して、義経より早く手に入れなくちゃ!」
法輪「京の町にあると聞いたが、いったいどこに…?」
北斗丸「もっと、くわしくここをしらべてみよう」
法輪「早く、鏡のところにいかんかい!」
頼遠「本当に、あれが『やたのかがみ』か?」
法輪「ばっかもん!わしが、信じられんというのか」

阿古耶「ゆうかのかたきは、きっと、京の北のくらま山に、いるにちがいないわ!」
法輪「北斗丸の親は、だれなんじゃろうなあ?」
阿古耶「おおがき村の北にあるくらい山のリョウメンスクナに会えば、わかるよ」
頼遠「京の北のくらま山にもどろう。これで、北斗丸の親の名前がわかるな」
北斗丸「それにしても、オレが『天下五剣』の、持ち主の一人だったなんて…」
阿古耶「いったいだれに、力を封じられたんだろうね?」

北斗丸「『くさなぎのつるぎ』は本当にタタラ神社にあるのかな?」
頼遠「とにかく行ってみよう
法輪「いわみは、京の町の北西じゃぞい」
北斗丸「どうして、タタラ神社に入れないんだろう?」
頼遠「なにか、ほうほうがあるはずだ。近くの村で、じょうほうをあつめよう」
阿古耶「さあ、南西のどうくつに急ごうよ。聖水を手に入れなくっちゃ」

法輪「もうすぐ『くさなぎのつるぎ』が手に入るのう!」
北斗丸「『くさなぎのつるぎ』は本当にタタラ神社にあるのかな?」
頼遠「とにかく、中に入ってみようぜ」
阿古耶「『天下五剣』をそろえると、なにがおこるっていうんだろ?」
北斗丸「わからないけど………とりあえずあつめてみようよ」

法輪「しこくの、とさじゃな。いちばんちかいのはびぜん村だと思うぞい」
阿古耶「タヌキさんがうるさいから、早くキツネをやっつけちゃおうよ」
法輪「おまえは、本当にキツイむすめじゃなあ」
北斗丸「なんだか、ややこしいことになったなあ」
法輪「人間さまのめいよにかけて、まちがえられんぞい」
北斗丸「天下五剣は、どこにあるんだろう」
頼遠「とさは、伊予の南だぞ」

北斗丸「四本日の『天下五剣』がえぞにあるなんて……」
頼遠「えぞは、ほんしゅうの一番北の、さらに海をこえたところだぞ」
北斗丸「山ぞくのとりでは迷いの森のずっと北西だったね」
阿古耶「みんなのためにも、ポクルちゃんを取りもどそう!」
北斗丸「コロポたちを、森につれて帰らなきゃ」
頼遠「森は、山ぞくとりでの南東だったな」

北斗丸「いよいよ、さいごの『天下五剣』だ!」
阿古耶「ぶんごって、きゅうしゅうのまん中あたりだよね。あんなとこ、どうやっていくの?」
頼遠「とりあえず、すおう村でじょうほうをあつめよう」
北斗丸「いよいよ、さいごの『天下五剣』だ!」
阿古耶「ぶんごって、きゅうしゅうのまん中あたりだよね」
頼遠「はちまんの社で、すべての人形をもらおう!」
北斗丸「そうすれば『天下五剣』が手に入るんだね」
法輪「さあ、人形をぬすんだ平家のヤツを、こらしめに行こうぞ!」
阿古耶「はちまんの社の、南にいるっていってたわね。いったい、どんなヤツなのかな」
北斗丸「人形もそろったし、おもと山のいただきへ行こう!」
頼遠「いよいよ、ぶんごの『天下五剣』が手に入るんだな」


北斗丸「さすがに、神さまのしもべは強いな」
阿古耶「でも、ぜったいにたおしてやるわ。ねえ、頼遠」
頼遠「ああ。そして、源氏のそせんが持っていたという『天下五剣』を、手に入れるんだ」

阿古耶「本当に、だんのうらに『くさなぎのつるぎ』があるのかな」
北斗丸「今は、それしか手がかりがないんだ。信じよう…たしか、ながと村の西だったね」
法輪「ながと村でだんのうらの話を聞いてみようかい」


北斗丸「どうにかして、元の世界にもどらなくちゃ」
法輪「生きてるうちに黄泉を見たのは、わしらくらいじゃろうなあ」
火鷹「チッ………のんきなおっさんだぜ」
北斗丸「霊鏡の社は、ろうごくの南東にあるんだな」
火鷹「早く、こんなところからオサラバしらいぜ」
頼遠「さあ、早く霊鏡を使って元の世界へ帰ろう」
阿古耶「その前に、『くさなぎのつるぎ』を取りに行くのわすれないでね」
頼遠「さあ、早く霊鏡を使って元の世界へ帰ろう」

法輪「ホッ、ぶじににげ出せてよかったわい」
「この森をぬけ出すまで、ゆだんはきんもつだぜ」
阿古耶「やっと森をぬけたのはいいけど、つかれちゃった。やすめるところないかなあ」

頼遠「妖怪迷宮は、東北のひらいずみの、すぐそばだといっていたな」
北斗丸「入り口をひらくカギの『天下五剣』はあるし、行こう!」
阿古耶「今度こそ、ゆうかのかたきをとってやる!」

頼遠「ぶきみなふんいきだな」
火鷹「フン………こうでなくちゃ、おもしろくねえ」
法輪「このどこかに、義経がいるはずじゃ」
北斗丸「とうさんに会って話をするまでは、あきらめないぞ!」
阿古耶「がんばろうね、北斗丸!」
火鷹「けっきょく、さいごまでおまえらにつきあっちまったな……さあ行こうぜ」
阿古耶「うん!義経さんのねがいをきいてあげなきゃね」
法輪「このままでは、つみもない妖怪がみんな殺されてしまうわい!」
北斗丸「なんとしてでも、頼朝さまをとめなくちゃならないぞ!」
頼遠「そうだ………たとえ、戦うことになっても!」

阿古耶「頼遠を、助けなきゃ!」
北斗丸「おそなえ山のおがみ岩をとりに行こう!」
北斗丸「おがみ岩も手に入れたしまつまえ村にもどろう」
北斗丸「さあ、はかばに行くぞ!頼遠を、助けるんだ!」