×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 41



六甲荒れ地 
不思議な声『聞け、 心正しき者たちよ…』 
大和丸「また、おまえか! 顔を見せる気に なったか!?」 
不思議な声『まだ、 時が来ていない…… それよりも、 ここの地形を見よ…』 
大和丸「岩がゴロゴロ してるだけだぜ」 
不思議な声『その岩の中には、 模様がついている ものがある……』 
夏芽「ホントだ……」 
不思議な声『その模様の上に乗れ… そうすれば、 同じ模様のところまで、 瞬間的な 移動ができる………』 
大和丸「マジかよ!?」 
不思議な声『あわてるな…… 今、 封印を解いてやる…』 
十郎太「待ってくれ! あんたが手伝って くれるということは… 
この先には、やっぱり ”霊穴”が あるのか!?」 
不思議な声『……そうだ ……まさか、自分たち で見つけるとは 思わなかったぞ…… 
さすが、この国を救う さだめの者よ……』 
大和丸「おだてたって、 なんにも出ないぜ。 けど、”霊穴”と 聞いちゃ 放っとけないな!!」 
十郎太「瞬間移動なんて、 どうも 信用できないが…… やむを得ないな」 
夏芽「十郎太さんが、 そういうなら、 あたしもついてく!!」 
大和丸「おやーあ? 十郎太が 女だってわかって、 ガッカリしてたんじゃ ないのか?」 
夏芽「いいの!! 男でも女でも、 十郎太さんは カッコイイん だからっ!!」 
不思議な声『では、 封印を解くぞ……』 

六甲荒れ地 
十郎太「こんなところに 用はないな!」




なげきの谷 
大和丸「この奥に、 なにかありそう なんだけどなあ」 
十郎太「四人では、 とてもじゃないが 動かせないよ」 
大和丸「やっぱり、 怪しいよなあ」 
”黄金のティアラ”が 光かがやいた!! 
大和丸「こんなところに、 洞窟が隠れて いたのか!」



あわじ島の荒れ地 
大和丸「でっかい岩のとびらだ。 こんなものがあったら、 進めないぜ」 
夏芽「どうしよう……」 
十郎太「うっ!」 
十郎太「なんだ!? ”大典太”が……!」 
夏芽「とびらが、 開いたわよ!?」 
十郎太「わたしたちを 導くのか? ”大典太”よ……」 
大和丸「行ってやろうじゃ ねえか。 ”霊穴”は近いぜ!」 
十郎太「もうこんな所に 用はないな!」



大和丸「おい!! だいじょうぶか、 おいっ!?」 
夏芽「……ううーん」 
大和丸「気がついたか……」 
夏芽「きゃああっ!!」 
大和丸「な、なんだよ!?」 
夏芽「いやあーーっ!! 殺さないでぇっ!!」 
大和丸「な……なんだ、 今のは!?」 
十郎太「この子のきおくだ。 才神家の、 生き残りらしいな」 
大和丸「あっ、おい……」 
十郎太「わたしたちは、 キミに危害を くわえたりしないよ」 
夏芽「えっ……」 
十郎太「わたしは壬生 十郎太、 あいつは大和丸。 今のは、 キミの きおくなんだね」 
夏芽「はい………… ポッ♥」 
大和丸「オレのことは 怖がったくせに、 どうして十郎太は 平気なんだよっ!?」 
十郎太「わたしたちと、 いっしょに 行かないか」 
夏芽「あ……ありがとう。 あたし、才神 夏芽」 
十郎太「いつまで、 いじけてるんだ。 行くぞ」 
大和丸「それにしても どうしよう」 
十郎太「妖怪が集結する場所が、 わからなくなったな」 
夏芽「……あたしが 聞いておけば………」 
夏芽「八束山に行けば、 わかるかも!?」 
十郎太「八束山って?」 
夏芽「村の南にある山よ。 才神家が守ってきた、 聖なる場所なの」 
大和丸「この村の南だな!?」 
夏芽「でも…… 外は、妖怪で いっぱいよ!?」 
大和丸「オレたちは、 その妖怪を 倒しに来たんだよ!」 
夏芽「才神家の人間でも、 倒しきれないほどの 妖怪よ!! 危ないことはやめて」



飛鳥地下四階


道具屋の主人「いらっしゃいませ!」 
道具屋の主人「またご利用ください」 
道具屋の主人「将軍からの命令で、 あんたらとは、しょうばいできないよ」