×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 39


島津「”影の新撰組”が、 ”霊穴”を封印して まわっているそうな」 
もうり「我らに”霊穴”を 渡さぬためですかな」 
島津「いざとなれば、 わしが出向く。 将軍のおろかさを 教えれば、 目が覚めるだろう」 
もうり「”影”は普通の人間 より、すぐれた力を 持つという。 
将軍の元で 働いていたとはいえ、 そんな者を殺すのは しのびない ですからのう」 
島津「まあ、 わしにまかせてくれ」 
もうり「では、わしは このへんで……」 
島津「な……なんじゃ!?」 
島津「ムッ!? きさま……っ」 
リッシュ「その体をいただく!」 
リッシュ「さあ、我が主の ために働くのだ」 
リッシュ「おまえの仕事は、 将軍を倒すことだ。 
そのためには、 ”霊穴”と ”天下五剣”を 手に入れよ。 邪魔をする者は、 すべて殺せ」 
島津「はい…… おおせのままに」 
リッシュ「さすがは、 偉大なる三博士から いただいた力…………。 
人を操るのも、 思いのままか。 
あとは、 このちっぽけな国が、 我が手に落ちるのを 待つだけ…… クックック…… アッハハハハ!!」 
島津「竜馬、伊蔵!」 
伊蔵「お呼びでしょうか?」 
島津「”霊穴”と ”天下五剣”の入手に、 全力をそそげ。 邪魔する者は、 殺しても構わん」 
伊蔵「はっ、 かしこまりました」 
竜馬「はあ…… 邪魔者は殺せなど、 いつもの島津さま らしくも ないですなあ」 
島津「な、なに!? ……い、 いいから下がれ!」 
竜馬「はあ……」 
竜馬「どうも、変ぜよ……」 
もうり「こ、ここは……!?」 
島津「ひと休みしたら、 すぐにえぞへ 出かけよう」 
もうり「一瞬のうちに、 飛鳥から城まで 飛んでくるとは、 バケモノか!?」 
島津「なにをいいだすのだ。 ともに将軍と戦って、 この国を守ろうと 誓ったではないか」 
もうり「キサマのような バケモノと、 これ以上いっしょに いられるか!!」 
もうり「うぎゃーー!!」 
竜馬「こりゃあ、いよいよ 変ぜよ! ひとまず、ここは 逃げるとするか!!」 
島津「待つのだ!!」 
リッシュ「大和丸どもが、 ティンバといっしょに 船出しただと!?」 
島津「はい、どうやら 海を渡る つもりらしいです」 
リッシュ「ティンバめ…… まさか、ヤツらを 聖地に 連れていく気か!? 
ヤツらが ガーディアンを 見つけたりしたら、 大変な ことになるぞ!!」 
島津「がーでぃあんとは、 なんなのですか?」 
リッシュ「聖地を守る ONIのことだ。 オレも後を追う。 るすの間は、 まかせたぞ!」 
島津「はっ!!」 
島津「……それにしても 竜馬め、 あれっきり姿も見せぬ。 なにをたくらんで いるのか……」



こうらい「ここを一人で まかされている こうらいと いうものだ!」 
こうらい「ここから出られる 手段があったら 私を連れていって くれないか?」 
こうらいを 連れていきますか? 
大和丸「自力で だっしゅつしな!」 
こうらい「ありがとう 一人でずっといて さびしかったんだ!」 
こうらいが 仲間になった! 

大和丸「あっ!」 
大和丸は らんじゃたいを 落としてしまった 
カッパ「あんたのおとした このきれいなもん おれにくれケロ」 
らんじゃたいを 渡しますか? 
大和丸「返せよ!」 
カッパ「やだケロ これはもらったケロ」 
大和丸「わかったよ! それやるよ!」 
カッパ「なんてやさしい人 なんだ! これは返すケロ!!」 
夏芽「あなたもやさしいのね もしよかったら 私たちの作った 妖怪の村にいくことを すすめるわ」 
カッパ「ありがとうケロ そうするケロ」




渡し守「ここから、 本州へ行けるッス」 
本州へ行きますか? 
渡し守「ご用の時は、 いつでもどうぞッス」 
渡し守「はいはい、じゃあ 乗ってくださいッス」



江戸城下町 
女「あー いそがし、 いそがし」 
侍「あー いそがしいでござる」 
侍「きりすてごめん」 
金150を 手に入れた! 
ろうにん「見まわり中だ。 じゃまするな」 
ろうにん「きりすてごめん」 
金500を 手に入れた! 
少年「ここは江戸だぜ」 
じいさま「今日も いい天気じゃのう」 
ばあさま「せまいこの国 そんなに急いでも しょうがないよ」 
ねこ「にゃーご」 
赤ん坊「あぷぷう」 
でんすけ「金400あれば 火消しのでんすけ おめえさんのために ひとはだぬぐぜ!」 
仲間にしますか? 
大和丸「火消しなんか あてにできないよ!」 
でんすけ「は組のでんすけ いざゆかん!」 
でんすけが 仲間になった! 
でんすけ「い組のこたろうが 仲間になってるな おれは、あいつとは くまないからな」 
でんすけ「金400なんて もってねえ じゃねえか!!」 
おばあさん「運んでくれて ありがとう これでまごの顔を おがめるよ」