×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 38


 

皆神山 
皆神山 
大和丸「あれは!?」 
十郎太「シッ!」 
十郎太「あんな所に、 隠しとびらが……」 
大和丸「よし、オレたちも 行こうぜ!」 
大和丸「あっ、ここに 取っ手があるぜ!!」 
取っ手を引きますか? 
大和丸「ワナかもしれないし、 やめておこう」 
大和丸「これを引けば、 隠しとびらが 開くはずだ! せーの!!」 
取っ手がある。 
取っ手を引きますか? 
大和丸「うわ! 何だ!?」 
十郎太「さっきの爆発で、 落盤が 起こったようだな」 
大和丸「妖怪たちが 集まったわけを、 調べそこねたな」 
十郎太「しょうがないさ。 キミが、妖怪と 渡りあえることが わかっただけでも、 充分だ。
これで、 キミを京へ 連れていけるよ」 
大和丸「京って、 あの南西の 都のことか!?」 
十郎太「ああ、そうさ。 そこに、他の仲間が 待っているんだ」 
十郎太「じゃあ、行こうか。 京は、ここから南西に いったところだ」 

かるら王「ほう、こんなところ まで来る人間が いるとはな」 
大和丸「あんたも 神様なのか?」 
かるら王「まあな。 神にそんなロきくとは、 いいどきょうしてる ヤツだな」 
十郎太「神様なら、 わたしたちに力を 貸しては いただけませんか」 
かるら王「……どうしようかな。 そいつ、なまいきな 口きくからなあ」 
夏芽「大和丸、 あやまんなさいよ!」 
大和丸「ええーーっ」 
夏芽「神様が仲間に なってくれなかったら、 大和丸のせいよ」 
大和丸「……わかったよ」 
大和丸「たのむよ…… じゃない、 お願いですから、 力を貸してくれ…… です」 
かるら王「何か変なことばだな。 まあ、いいけど」 
夏芽「じゃあ、力を 貸してくれます?」 
かるら王「やだね。俺は、 自分より 強いヤツにしか、 したがわないのさ」 
大和丸「てめえ、 ずるいじゃねえか!」 
大和丸「…………です」 
十郎太「しかたない。 出直すとするか」 
かるら王「何度来ても、 やなもんはやだね。 俺がしたがうのは、 俺より強い 者にだけだ」 
十郎太「しかたない。 出直すとするか」 
かるら王「ほう、こんなところ まで来る人間が いるとはな」 
ならえん天「久しぶりじゃな、 かるら王」 
かるら王「あなたは、 ならえん天様!」 
ならえん天「この者たちは、 この国のため戦う、 心正しき者。 お前の力を、 貸してやってくれ」 
かるら王「あなたの頼みなら、 喜んで!」 
ならえん天「お前のような 部下がいて、 我は辛せ者よの……」 
かるら王「……というわけだ。 力を貸してやるから、 かんしゃしろよ。 呼びたきゃ、 好きに呼びな」 
大和丸「ずいぶんたいどの 違うヤツだな」 
夏芽は、かるら王を おろせるようになった 
かるら王「何度来ても、 やなもんはやだね。 俺がしたがうのは、 俺より強い 者にだけだ」 
かるら王『オレさまの力が 必要なら、 好きに呼びな』



人食い山 
モンスターが、 おそってきた!! 
大和丸「人食い妖怪を、 やっつけたぜ! これで、もっと 南にも行けるな」 
大和丸「何だ、こいつは!」 
モンスター「ケエエエッ!」 
モンスターが おそってきた!! 
アヤルカチ「ほほう…… 見どころのある 者たちだ。 気に入った、 ほうびをとらそう」 
大和丸「何だあ?」 
スクワント「そうか、思い出した。 あなたは アヤルカチ!」 
大和丸「な、なに? 今、なんてったんだ」 
スクワント「アヤルカチ…… 我らの神だ」 
アヤルカチ「そうだ、我が子よ。 さあ、望みをのべよ」 
スクワント「ならば、どうか力を 貸してください。 我らと、海の向こうの 仲間のために」 
アヤルカチ「よかろう。 我が力必要なときは、 我が名を呼べ」 
スクワント「かんしゃします…… 偉大なる父よ」 
大和丸「よくわかんないけど、 あれも神様 だったってことか」 
スクワントが アヤルカチを おろせるようになった



火口一階 
大和丸「ここが、はしらの 一番下だな」 
スクワント「ムッ、ここから 入れそうだぞ」




夏芽「タミアラさんの好意を、 ムダにする気!?」 
タミアラ「失われしわが国……… 失われしわが民……」 
夏芽「きゃあ、オバケ!?」 
十郎太「悲しげな表情だな」 
タミアラ「せめて、 ティアラがあれば…」 
ティンバ「以前この辺りには、 小さな王国が あったそうです。 でも、いきなり 滅びてしまったとか」 
冬夜「あの亡霊は、 その王国の 人だったのか?」 
ティンバ「さあ、それは……。 
その王国には ”黄金のティアラ” という、女王の しるしのかんむりが あったそうです」 
タミアラ「わたくしの ティアラ…………」 
冬夜「台の上に、ちょうど 頭の大きさくらいの、 くぼみがあるぞ」 
十郎太「ここに、なにか 置けそうな くぼみがあるぞ」 
”黄金のティアラ” を、くぼみに 置きますか? 
大和丸「このティアラを 置いてみよう。 大きさも、ちょうど いいみたいだ」 
ゆうれいと 戦いますか? 
体力を、 吸い取られた!! 
大和丸「バケモンめ!!」 
体力を、 吸い取られた!! 

タミアラ「やっと 帰ってきたのね…… わたくしの ティアラ………… 
このティアラがあれば、 みなさんと話せます。 
わたくしは、 滅びた王国の女王、 タミアラ……」 
大和丸「あんた、 ゆうれいなんだろ? ずっと、こんなとこに 一人でいたのか」 
タミアラ「待っていたのです。 ”霊穴”を 救いに行った、 ガーディアンの 帰りを……」 
十郎太「”霊穴”ですって!?」 
タミアラ「ガーディアンは、 王国を豊かにして くれていた”霊穴”を、 
白い男たちから守る ために出かけて 行きました………… 
けれど”霊穴”の 力は奪われ、 王国も滅びて しまったのです……」 
冬夜「それでは、 ガーディアンは もう………」 
タミアラ「いいえ、 死んでなどいません… ガーディアンは、 きっと 帰ってきます…」 
夏芽「ガーディアンって、 タミアラさんの…?」 
タミアラ「恋人でした。 だから、 みんな死に絶えても、 わたくしだけは 待っていなければ…」 
大和丸「”霊穴”って、 どこにあるんだ?」 
タミアラ「王国を出て、 東の谷の洞窟です… ガーディアンを、 探しに行って くださるの?」 
大和丸「ち、違うぜ!! この国の”霊穴”って、 どんなもんか 見てみたいだけだ」 
夏芽「あら、照れちゃって。 いいとこあるのね、 大和丸」 
大和丸「うるせえっ!!」 
タミアラ「行くなら、この ”黄金のティアラ”と ”エメラルドピアス” を、持っていって…… 
なにかの役に たつはずです……」 
タミアラ「体力を、 治しておきましょう」 

タミアラ「戻って きてくださったのね、 ガーディアン スクワント……」 
スクワント「この人たちのおかげで、 体を取り戻せたのだ」 
タミアラ「意識がハッキリ しているうちに、 あなたに会えて よかった…… 
これで思い残すことは、 ありませんわ……」 
スクワント「オレが、”霊穴”を 守れていれば……」 
タミアラ「いいえ、 あなたはガーディアン としての使命を、 充分に果たしました。 
どうか、 気になさらないで…… わたくしの分まで、 生きてくださいね」 
スクワント「タミアラ、 まだ行かないでくれ!! オレは……っ」 
タミアラ「ごめんなさい…… もう、意識を保って いるのが辛いのです。 
あなたを、 たった一人で残して ゆくわたくしを、 どうか 許してください……」 
スクワント「タミアラーーーッ!!」 
タミアラ「愛しいスクワント…… 
できることならば、 わたくしは 精霊となって、ずっと あなたを守り 続けましょう………」 
スクワント「………………」 
夏芽「スクワントさん……」 
スクワント「………放っておいて くれないか」 
冬夜「おいで、夏芽」 
夏芽「で、でも……」 
”黄金のティアラ”に 触れて、みんな 元気になった!! 
スクワント「一人にして くれないか……」 
スクワント「オレは、ここで タミアラの思い出と 暮らすつもりだ」 
黄金のティアラと エメラルドピアスを てにいれた!! 
エメラルドピアスを 手に入れた!!