×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 35


 
岡山村 
ようじ「おしりが さむいでちゅ」 
女「都の方が、 騒がしいわねえ。 何か起こるのかしら」 
少女「ここは岡山村だよ」 
男「六甲村には、 有名な道場が あるんだぜ」 
じいさん「南の海を渡れば、 四国じゃよ」 
少年「南にある四国には、 キツネが いないんだって。 なんでかなあ?」 
ろうにん「男は コンジョーだー!」 
ろうにん「きりすてごめん」 
金150を 手に入れた! 
ようじ「ばぶ?」 
少年「オレ、都に行って 出世したいんだ」 

渡し守「なんだ、四国へ 行きたいんスか? 今は、酒飲んでる からダメッス」 
渡し守「なんだ、四国へ 行きたいんスか? 今は、酒飲んでる からダメ………… 
おや、あんたの刀…… どっかで 見たッスねえ!?」 
十郎太「”大典太”の ことか?」 
渡し守「なんだ、四国へ 行きたいんスか? 今は、 酒飲んでるから…… 
おや、 あんたらの刀…… 見覚えあるスよねえ!?」 
数珠丸『ウーム、 わしも見覚え があるかも……?』 
渡し守「なんだ、四国へ 行きたいんスか? 
今は、酒………… きれいな刀を 持ってるッスね。 触ってもいいスか?」 
夏芽「”三日月”を? いいけど……」 
渡し守「きれいッスねえ…… スリスリ♥」 
三日月『うっ…… 生あたたかくて、 気持ち悪い……』 
渡し守「ありがとうッス」 
渡し守「なんだ、四国へ 行きたいんスか? 今は…………」 
童子切り『そいつには、 見覚えがあるぞ! おまえ、 人間じゃないな!?』 
渡し守「ギクッ」 
大和丸「なんだと、妖怪か!?」 
渡し守「いや、待って くださいッス!! 確かに、あたしゃ 人間じゃないッス。 
でも、四国に船を 渡すだけで、悪い ことしてないッス。 
ごせんぞの遺言で、 渡し守をしてるんス」 
大和丸「そんじゃ、 渡し守らしく 船着き場にいろよ!」 
渡し守「はいはい、 行くッスよ」 
渡し守「四国に 行きたいんスか?」 
渡し守「ご用の時は、 いつでもどうぞッス」 
渡し守「はいはい、 じゃあ船着き場で 待ってるッス」 

たけあき「せきのまごろくを くれれば、 私は、あなたに ついていきます」 
大和丸「せきのまごろくなんて もってないや!」 
せきのまごろくを 渡しますか? 
大和丸「もったいないから いいや」 
たけあき「私の力を見て おどろくなよ!」 
たけあきが 仲間になった! 
たけあき「きりすてごめん」 
金1000を 手に入れた! 
男「わっ!!」 
大和丸「むっ! 妖怪め、 退治してやる!」 
妖怪を 退治しますか? 
大和丸「覚悟!!」 
夏芽「悪いことも してないのに いきなり退治 するなんて かわいそうよ!」 
大和丸「だって妖怪だぜ!!」 
夏芽「いいの!」 
あやしび「ありがとうでし ぼくはどっかに 消えるでし」 
夏芽「待って! 私たちの作った 村に行けば? 妖怪だけの村なの」 
あやしび「ありがとうでし そうするでし」



女「うちの人、 子ぼんのうなのよ」 
男「うちの子どもは、 この国で一番 かわいいなあ♥」 
少年「将軍って、どんな 人なんだろう?」 
じいさま「まごは、わしのように シブくそだてる!」 
まご「ぷぷう」 
母親「子どもは、 学者にするのよ」


 
武器屋の主人「いらっしゃいませ!」 
武器屋の主人「またご利用ください」 
武器屋の主人「将軍からの命令で、 あんたらとは、しょうばいできないよ」 
おかみ「うちに 泊まりますぞえ? 金20でおます」 
おかみ「そうですか」 
おかみ「お金が足りませんよ」 
おかみ「ありがとう ございました」 
宿屋の主人「あっ、 手配書のヤツらだ!! お役人さーん!!」 
敵が、 おそってきた!! 
道具屋の主人「いらっしゃいませ!」 
道具屋の主人「またご利用ください」 
道具屋の主人「将軍からの命令で、 あんたらとは、しょうばいできないよ」 
防具屋の女主人「いらっしゃいませ!」 
防具屋の女主人「またご利用ください」 
防具屋の主人「将軍からの命令で、 あんたらとは、しょうばいできないよ」



げんぞう「俺の奥さんは、 日本一料理が うまいんだぜ!」 
おすず「いそがし、 いそがし!!」 
ころ助「見つかっちゃった!」 
お雪「京には、お寺と神社が ありますの」 
八助「仏教にしようか、 神道にしようか?」




ろうにん「いつかきっと、 りっぱな侍に なってやる」 
ろうにん「きりすてごめん」 
金1200を 手に入れた! 
女「私は、 夫を信じています」 
ガキ大将「イタズラなんて、 してないぜ」 
母親「もう、うちの子は、 なんで ああなんでしょう?」 
はやてのたまを 見つけた!!



道具屋の主人「いらっしゃいませ!」 
道具屋の主人「またご利用ください」 
道具屋の主人「将軍からの命令で、 あんたらとは、しょうばいできないよ」 
宿屋の主人「うちに泊まりますか? 金30になります」 
宿屋の主人「そうですか」 
宿屋の主人「すみませんが、 お金を持っていらっ しゃらないようで」 
宿屋の主人「あっ、 手配書のヤツらだ!! お役人さーん!!」 
敵が、 おそってきた!! 
防具屋の主人「いらっしゃいませ!」 
防具屋の主人「またご利用ください」 
防具屋の主人「将軍からの命令で、 あんたらとは、しょうばいできないよ」 
武器屋の主人「いらっしゃいませ!」 
武器屋の主人「またご利用ください」 
武器屋の主人「将軍からの命令で、 あんたらとは、しょうばいできないよ」 
かんぺい「私は、旅する しょうにん かんぺいともうす。 
一人旅はつらいゆえに 私を連れていっては くれぬか?」 
かんぺいを 連れていきますか? 
かんぺい「そうですか」 
かんぺい「ありがとう ございます」 
かんぺいが 仲間になった!!