×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 30


北斗丸「妖気が 強くなっているな」 
ひょうすべ「こんなところまで 来るとは、 なかなかやるな! だが、オレさまには 勝てぬ!!」 
ひょうすべが、 おそってきた! 
北斗丸「だれか、 倒れてるぞ!?」 
北斗丸「ケガをしてるのか? しっかりしろ!!」 
阿古耶「あっ、 目を開けたよ!」 
少女「うう……」 
頼遠「名は、なんという? こんな危険な場所に、 なぜ一人で 来たりしたのだ?」 
少女「わ……わかりません。 名前も、 どうしてここに いたのかも!?」 
法輪「フーム、 記憶をなくしている ようじゃな」 
北斗丸「オレたちと来るかい? 外へ連れてくのは ムリだけど、 一人よりは 安全だと思うよ」 
火鷹「……こんな敵地の ド真ん中で、 おやさしいこった」 
北斗丸「どういう意味だ!?」 
火鷹「そいつが妖怪じゃ ないって証拠は、 どこにも ねえってことさ」 
北斗丸「えっ……」 
阿古耶「でも、 この子ケガしてるもん。 こんなとこに、 放っておけないよ!」 
法輪「火鷹のいうことも、 もっともじゃが…… このケガでは、 なにもできまいよ」 
頼遠「……連れていくか!」 
火鷹「フン…… 勝手にしやがれ」 
北斗丸「オレは北斗丸」 
少女「北斗丸さん……では、 わたしは”みなみ”と 名乗ります」 
北斗丸「わかったよ、 みなみさん」 
北斗丸「こんなところまで、 戻されちゃったのか」 
北斗丸「今度こそ、 負けないぞ!!」 
ひょうすべ「こりない ヤツらめ!!」 
ひょうすべが、 おそってきた!! 
北斗丸「後戻りなんて、 している ヒマはないな!」



人魚「はい、これでいいね。 それじゃあ、 ほらがい返すね」 
”ほらがい”を 返した!! 
人魚「じゃあねーー!」


人魚「はい、それじゃあ、 わたし帰るね。 
でも、このままじゃ あなたたち、 帰れないね。 だから、 これあげるね」 
”ほらがい”を もらった!! 
人魚「これを使えば、 わたしを呼べるね。 
でも、一回使ったら 返してもらうから、 よく考えて使うね!」 
十郎太「ほらがいを 使うのか?」 
大和丸「いや、やめておこう」 
大和丸「よし、人魚を呼ぶぞ」 
大和丸「イカダがないや!」




鬼丸『……………………』 
大和丸「……そっか。 ここが、あの……」 
みなみ『北斗丸さん…… 戻ってきて くれたんですね……』 
鬼丸『みなみさん!』 
みなみ『うれしい…… やさしくしてくれて、 ありがとうって…… 
それだけは、 どうしてもいいた かったんです……』 
鬼丸『みなみさん…… 俺の方こそ、 ありがとう…… ”霊穴”を守って くれて……』 
みなみ『”霊穴”は、 この国にとって…… いえ、生きとし生ける 者すべてにとって、 大切なものです…… 
悪者の手に渡しては いけないのです……』 
大和丸「おう、まかせとけ! 俺たちが、絶対に 守ってみせるぜ」 
みなみ『お願いします…… この国を守って…… わたしも、精いっぱい 力を貸します……』 
みんなは 元気になった!! 
みなみ『がんばって ください……』 
鬼丸『みなみさん! みなみさん……』 
童子切り『鬼丸………… 行くぞ』 
鬼丸『…………うん』 
みなみの声『お願いします…… この国を守って……』 
みんなは 元気になった!!