×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 27


遺跡の村 
リッシュ「やっぱり、 ここにいたな!!」 
大和丸「また、おまえかよ! しつこいぜ!!」
リッシュ「なんとでもいえ。 今日という今日は、 決着を つけてくれる!!」 
リッシュが、 おそってきた!! 
リッシュ「も……もう、オレには 失敗は許されない! 偉大なる三博士の お力に、 おすがりするぜ!!」 
リッシュ「グウッ!!」 
リッシュ「ぐわわあああああ ーーーーっ!!」 
大和丸「あのバケモノはっ!?」
リッシュ「おお……体中に、 力がみちている! 勝てる、これなら ヤツらに 勝てるぞぉっ!!」 
大和丸「そんなバカな…… あれが、 人間!?」 
リッシュが、 おそってきた!! 

リッシュ「やった! ついに ONIを倒したぞ!! これで……うっ!?」 
リッシュ「く……苦しい! 偉大なる三博士よ、 これは……どういう ことなのですか? 
オレをだましたの ……ですか……」 
ライヒ「……やはり、薬に たえられなかったな」 
アルヴァ「また作りなおしだね」
テスラ「じゃが、もうわしらに 敵はない…… これで世界は手に 入れたも同然じゃ」 

リッシュ「なぜだ!? なぜ勝てない………… オレのなにが、 ヤツらに おとっていると!? 
ヤツらとオレと、 どこが違うと!?」 
冬夜「そのギラギラした にくしみをすてなきゃ、 オレたちには 勝てないぜ」 
十郎太「それほどの力を 持ちながら、 なぜ邪悪に 心をそめた!?」 
リッシュ「邪悪…… 邪悪とはなんだ!? オレは、三博士に ちゅうせいを 誓ったのだ!」 
大和丸「どこに行くんだ!?」 
リッシュ「ONIにやられるなど、 オレのプライドが 許さん! 自分のしまつは、 自分でつけるのさ!!」 
大和丸「うわあああっ!!」 
冬夜「夏芽、 ケガはないか!?」 
夏芽「うん、大丈夫。 でも、まさか 自爆するなんて……」 
大和丸「いくらヤツでも、 今度こそは 死んじまったろうな」 
ライヒ「よくも、われわれの 作り出したリッシュを やってくれたね……」 
大和丸「なんだ、てめえら? 作り出したって、 どういうことだ!?」 
アルヴァ「ボクらは三博士。 名前くらいは、聞いた ことあるでしょ」 
テスラ「リッシュは、 わしらが作った 人造人間なのじゃよ。 
それをここまで 苦しめた者の顔が 見たくてのう」 
夏芽「人を作るなんて…… そんなこと、 できるものなの!?」 
大和丸「リッシュを使って ”霊穴”を 探してたのは、 てめえらか!」
ライヒ「この国の霊気は、 ほとんど取り 尽くしてしまってね。 
キミの国に行って、 上等な霊気を いただこうと いうわけだ」 
冬夜「じょうだんじゃ ないぜ! 
将軍だの島津だの、 ただでさえ”霊穴”を 欲しがってるヤツらが 多いってのに!!」 
テスラ「島津……とは、 リッシュが操っていた 者の名前じゃな」 
十郎太「様子がおかしいと 思ったら、そういう ことだったのか! 
そこまでして 霊気を集め、 なにをする気だ!?」 
アルヴァ「知りたいなら、 教えてあげるよ!」 
アルヴァ「いでよ、 フェニックスーッ!」 
ライヒ「われわれは、 霊気によって モンスターを創り出し、 思いのままに操る ことができるのさ。 
名づけて、霊魔獣!!」 
アルヴァ「さあフェニックス、 こいつらを 殺しちゃえ」 
フェニックスが、 おそってきた!! 
アルヴァ「なかなか、やるじゃん。 でも、フェニックス には勝てないよ!」 
大和丸「再生した!?」 
フェニックスが、 おそってきた!! 

アルヴァ「しつこいヤツは、 きらいだよ!!」 
フェニックスが、 おそってきた!! 
アルヴァ「ボクのフェニックスに、 勝てるはずないのさ」 
冬夜「そ…… そうは させるか……っ!」
アルヴァ「なまいきだな! 踏みつぶして やろう!」 
フェニックスが、 おそってきた!! 
ライヒ「おどろいたな。 もう死んでも、 おかしくないのに」
冬夜「へへっ……オレにゃあ、 守らなけりゃ ならないもんが…… あるんでな」 
テスラ「ほほう、平和か? それとも、おまえの国 とでもいうのかね?」 
冬夜「ふざけんな……国も、 この世の平和も…… どうだっていいんだ! 
オレが守りたいのは、 たった一人………… 夏芽だけだ!!」 
フェニックス「ギャアアオオウッ!!」
アルヴァ「ど、どうしたの!? フェニックスが、 こんな声を 出すなんて」 
ライヒ「まずい!! 回復能力が、 この男の攻撃に追い つけなくなっている」 
冬夜「これで、 終わりだぜぇっ!!」 
フェニックス「ウオオオーーーン…」
アルヴァ「フェニックス ーーーーーーッ!!」 
スクワント「なにごとだ、 これは!?」 
ライヒ「霊魔獣がなければ、 ONIには勝てない… 引き上げるぞ!」 
テスラ「ウム。 海を渡り、 霊気を手に入れねば」 
アルヴァ「ボクのフェニックスを、 よくも!! おまえら、みな殺し にしてやるからっ!!」 


スクワント「おいっ! 大丈夫か!?」
大和丸「う……うーん」 
夏芽「と… 冬夜兄さんっ!!」 
冬夜「……夏芽、無事か?」 
夏芽「うん、 また兄さんが 守ってくれたのね!」
冬夜「よかった……でも、 兄さん疲れちゃったよ。 ここからは…… おまえたちだけで 行ってくれ……」 
夏芽「兄さん!?」 
冬夜「いいか、夏芽…… まだ眠っているけれど、 おまえの力は多分、 オレ以上だ。 
才神家の人間として、 恥ずかしくないように 生きるんだぞ……」 
夏芽「やだ、兄さん! そんなこと いわないで!!」
冬夜「十郎太……そんな カッコウをしてても、 おまえはいい女だよ。 
夏芽にも、 おまえみたいな女に なって もらいたいぜ………」 
十郎太「冬夜、死ぬな……っ」 
冬夜「大和丸、 あとはまかせたぜ…… 夏芽のことも、 オレたちの 国のことも…… 
おまえになら、 まかせられる……」
大和丸「冬夜…………」
冬夜「そんじゃあな、 みんな………… オレは、ちょっと 眠らせてもらうぜ。 
今度会うのは、 ずーっと先の こと……だ……な…」 
夏芽「兄さーーーーんっ!!」 
十郎太「………行くぞ、みんな。 三博士は、 わたしたちの国へ 向かっている」 
大和丸「おお、ヤツらに ”霊穴”を 奪われてたまるか!」 
夏芽「……うん、わかってる。 兄さんに、 死んだ後まで心配 かけられないもん!」 
大和丸「戻るぜ、 オレたちの国へ!!」 
大和丸「……あんたは、 どうするんだ?」 
スクワント「オレは、ここに残る。 タミアラの側に、 いてやりたいんだ」 
大和丸「そうか…… じゃあな」