×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 25



スクワント「ムッ、 人の気配……!」 
将軍「これが完成すれば、 霊気を 操れるようになる。 
無キズの”霊穴”が あったとは、 うれしいごさん だったのう」 
慶喜「………………」 
将軍「江戸城の二の舞に なるのを、 恐れているのか。 なあに、同じ失敗は せんよ………… 
さて、ここらで きゅうけいにするか。 みなのもの、行くぞ」 
沖田「ボクは残って、 見張りをしています」 
土方「ムリをするなよ、 総司」 
大和丸「”霊穴”に近づくなら、 人の少ない 今のうちだな」 
十郎太「沖田さんなら、 話を聞いて くれるはずだ」 
沖田「やっぱり、 来ましたね」 
十郎太「あなたなら 信じてくれますね? わたしたちは、 ”霊穴”を奪おうと してなどいない」 
大和丸「将軍のくちぐるまに 乗ってる場合じゃ ねえぞ! 
三博士って悪い ヤツらが、”霊穴”を ねらってる。 いっしょに、 ヤツらを倒そうぜ!!」 
沖田「それでは、”霊穴”の 力というのは、 本当なんですね…!?」 
夏芽「な、なにするの!?」 

沖田「覚えてますか、 十郎太さん。 
いつか、池田屋で 妖怪と戦ったとき、 ボクがキズを 受けたことを………… 
ボクの体は、 もうボロボロです。 妖怪のどくが、 体中に回って しまったんです……」 
十郎太「なんですって!? あのときの……」 
沖田「ボクは、あなたたちが うらやましかった。 
日本中を旅したり、 海の向こうまで 行ったり………… 
長く生きられない ボクには、できない ことばかりだったから。 
でも、今なら…… ボクの一番の願いが、 かなうかも しれない!」 
大和丸「なにをする気だ!?」 
沖田「”霊穴”が、そんなに すごいものなら…… こわれたボクの体にも、 力が戻るはずだ!!」 
スクワント「バカなことはよせ!!」 
沖田「いやだ! 一度くらい、ボクも ワガママを通させて もらいます!!」 
夏芽「いやあっ!! 沖田さーーーんっ!!」 
十郎太「沖田さんが…… そんなバカな!!」 
沖田「わかる…… 力がみちてくる! これが、ボクの力!!」 
大和丸「な、なにぃっ!? あの姿は なんだよっ!?」 
スクワント「すでに、霊気が ゆがんでいたのか…… あれはもう、 バケモノだっ!!」 
妖怪が、 おそってきた!! 


夏芽「沖田さんっ!!」 
沖田「やっぱり…… ”影の新撰組”は 強いや。 
ボクが元気なころに 戦っても、勝てな かったかも しれないな…………」 
沖田「剣士としてお願いが あります…… 十郎太さん、ボクと ……戦ってください」 
十郎太「沖田さん………… わかりました!」 
沖田「十郎太さんに勝った… ボクの剣の道は、 間違っていなかった… 
これで、 思い残すことは…… ありませ……ん」
十郎太「沖田さんっ!?」 


沖田「一度…… 十郎太さんと、 戦ってみたかった…… 
そんけいする人の剣で 死ぬなら…… 本望です……」 
十郎太「沖田さんっ!?」 
土方「キサマら、総司に なにをしたっ!!」 
近藤「昔の仲間にまで剣を 向けるとは…… もう、許せん!!」 
夏芽「ちっ、違うわ! 沖田さんは、 残り少ない命を、 剣士として 生きようと……」 
大和丸「今は、なにをいっても ムダだ! こいつら、 キレちまってるぜ!!」 
将軍「みなの者、こいつらを 捕らえるのじゃ!!」 
大和丸「くそっ! ここまでか!!」 
土方「……では、沖田を 連れ帰ります」 
慶喜「わたしも、手伝おう」 
将軍「まったく、 ”影”のヤツらは、 とんでもない ごくあくにんじゃな」 
将軍「な、なんじゃあ!?」 
アルヴァ「ONIを追い払って くれたのかい。 ありがとう、ついでに ”霊穴”も いただくよ♥」 
近藤「くせ者め、 そうはさせんぞっ!!」 
アルヴァ「邪魔すると、 こうだよ!!」 
近藤「うおおっ!!」 
ライヒ「よくやったね、 アルヴァ。 では、霊気を いただくとしよう」 
テスラ「こいつらも、 どうやら同じことを、 しようとしていた らしいのう。 
じゃが…… ”霊穴”の利用など、 天才のわしらにしか できんよ」 
ライヒ「これで、”霊穴”の コントロールが できる!!」 
テスラ「これだけの霊気が あれば、すばらしい 霊魔獣が できようぞ!!」 
アルヴァ「わーい! 楽しみだな♥」 


大和丸「霊気が、 荒れ狂っているぜ」 
スクワント「霊気が、 荒れ狂っている…… このままでは、 また大地がゆれるぞ。 
大地がゆれれば、 火の山が目覚める。 つなみや地割れが、 この国を おそうだろう」 
十郎太「その前に、暴走を 止めなくては。 できるかい、夏芽?」 
夏芽「うん、やってみる!」 


スクワント「きさま、リッシュ!! 生きていたのか!?」 
リッシュ「なんとか、 間にあったようだな。 さあ、最後の勝負だ! 決着をつけようぜ!!」 
リッシュ「三博士にもらった ONIの力…… 霊気を浴びて、 今こそ完全に 目覚めた!! 
たとえこの身は 滅びても、きさまら だけは道連れに してやる!!」 
リッシュ「行くぞぉーーーっ!!」 
リッシュが、 おそってきた!! 
リッシュ「やった、ついに ONIを倒した!! アーッハッハッ!!」 
リッシュ「”霊穴”が、 とうとうげんかいに なったようだな。 
まあ、いい…… オレには、もう思い 残すことはない!! アッハッハッハ!!」 
リッシュ「な、なぜ勝てない!? スクワントとオレでは、 どんな違いがあると いうのだ!?」 
十郎太「邪悪な心を持つ おまえが、この国を 救おうと命をかける 私たちに、勝てる はずがないだろう」 
リッシュ「そんなはずはない…… 力こそ正義では ないのか? 三博士は、そう 教えてくれたのに…」 
夏芽「力なんかじゃないわ。 正義は、心の中に あるのよ…… それもわからない なんて、 かわいそうな人」 
リッシュ「かわいそう……?」 
タミアラ「あなたには、 人間の心がないの ですか? かわいそうな人……」 
リッシュ「なぜだ!? なぜ、おまえが 死ななければ ならない!?」 
タミアラ「あなたは かわいそうな人…… でも、わたくしさえ いなければ……」 
リッシュ「タミアラ、 おまえがいいた かったのは………… オレをかわいそうだ といったのは!」 
スクワント「リッシュ……」 
リッシュ「オレはタミアラが 欲しかった…… なぜかはわからん。 
しかし、いっしょに いたかったのだ……… 死なせたくはなかった、 タミアラ……」 
スクワント「……一足先に、 タミアラに会いに 行くがいい」 
十郎太「げんかいか! ”霊穴”が、 もう保たないんだ!!」 
夏芽「今の戦いで、力を使い 過ぎちゃった…… 
こんなじょうたいの ”霊穴”を、封印 できる自信がないわ!!」 
大和丸「…………一つだけ、 方法があるぜ」 
十郎太「それは!?」 
大和丸「四人で、”霊穴”に 飛び込むんだ。 
オレたちが、体ごと 力をぶつければ、 封印できるかも しれねえ」 
十郎太「……しょうりつの低い かけだな。 だが、なにもやらない よりはマシだ」 
夏芽「あたしもやる。 もし、死んじゃっても ……きっと冬夜兄さん、 ほめてくれるわ」 
スクワント「オレはかけはきらいだ。 絶対に、封印する つもりで行くぞ」 
大和丸「よし!!」 
スクワント「すべての力を使い、 ”霊穴”の封印をする ……………… 覚悟はいいな?」 
夏芽「ええ、この国の みんなのために!!」 
十郎太「この国を誰よりも あんじていた、 イヒカたちの恩に 報いるために!!」 
大和丸「オレたちの戦いに、 ケリをつけるために!! 行くぜ!!」 
土方「妖怪が消えた……!?」 
男「やった、 やっつけたんだ!!」 
女「助かったのねーー!?」 
男「バンザーイ!!」 
土方「あいつらは…… 大和丸たちは!?」 
土方「まさか…………!?」