×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 21



将軍「なにをしている 早く洞窟を 調べてこい!」 
土方「それより先に 将軍の所へ、 あいさつにいけ」 
十郎太「土方さんと、 新撰組の仲間だ」 
大和丸「どうしたっ!?」 
土方「一足先に、 中に入った隊士たちの、 ひめいが 聞こえたんだ!」 
隊士「う……うう、 バケモノが…………た、 助けて……」 
慶喜「……死んだ」 
土方「バケモノだと!?」 
将軍「中に入って 調べてこい! こういうときの、 ”影の新撰組” だろう」 
引き受けますか? 
十郎太「引き受ければ、 誰よりも早く ”霊穴”に行けるぞ」 
大和丸「うーん…… わかったよ。 行ってやらあ」 
大和丸「ああ、 行ってやらあ」 
十郎太「これで誰よりも早く ”霊穴”に行ける。 いいはんだんだぞ、 大和丸」 
土方「十郎太、 大和丸!!」 
十郎太「どうしたんですか!?」 
土方「なあに、 将軍のワガママさ。 この洞窟の奥に、 どうしても 行きたいというんだ」 
大和丸「将軍が!?」 
土方「そういえば将軍は、 おまえらに おこっていたぞ。 
かんちがいだと思うが、 あの小屋にいるから、 会ってみろよ」 
土方「早く行って、 将軍のいかりを なだめてこい」 
土方「気をつけるんだぞ」 


将軍「早く、中のバケモノを 退治してこい」 
慶喜「将軍は、あなたたちに 期待しておられます」 
沖田「正体もわからない バケモノを倒せ だなんて、ひどいや」 
十郎太「こんなところに 用はないな」 
大和丸「将軍たちが、 洞窟の前で 待ってるぜ」 
冬夜「シッ! なにか、 しゃべってる」 
将軍「”影”のヤツらは、 まだか!? バケモノを退治したら、 すぐ中に入って ”霊穴”を 独占するのに」 
慶喜「しかし、将軍…… ここは江戸より 遠く離れたえぞの地。 
”霊穴”を 利用するには、 ムリがあるかと」 
将軍「しかし、ここに城を 移すわけにはいかぬ。 
まあ、いざとなれば 霊気のながれを、 力づくで 変えてしまうか」 
慶喜「霊力をゆがめたら、 江戸城の”霊穴”と 同じ運命になります!! 
霊力をしぼり取った 結果が、日本中の ”霊穴”の暴走だった のではありませんか」 
将軍「わしの生きている 間だけ、 保てばいいのだ。 その後のことなぞ、 どうでもいいわ」 
夏芽「ひどい…… あんな将軍のために、 今まで 働いてきたの!?」 
大和丸「あのヤロウ、 もう許せねえッ!!」 
将軍「おまえたち、 どうやって洞窟から 出たのだ!?」 
大和丸「”霊穴”を暴走させて、 オレたちに あとしまつを させたんだな!? 
その上、 また同じことをしよう とするなんて!!」 
将軍「おまえたちは、 わしの命令通り 働けばいいのだ!!」 
大和丸「バッカやろう!!」 
十郎太「大和丸!!」 
慶喜「将軍!!」 
冬夜「おまえらの うすぎたない欲望 なんかにゃあ、 ”霊穴”は もったいねえ!!」 
将軍「うう……わ、 わしをなぐったな!? 将軍のわしを………… 
ええい、許さん! みなの者、 出あえーーーーっ!!」 
将軍「こいつらは 裏切り者だ! たたき切ってしまえ!!」 
沖田「これは、なにかの 間違いでは ないですか!?」 
将軍「こいつらは、わしを なぐったんだぞ!!」 
土方「本当なのか、 大和丸!?」 
沖田「十郎太さんがいながら、 なんで こんなことに……」 
十郎太「……大和丸が やらなければ、 わたしがなぐって いました」 
沖田「いったい、なにが あったんです!?」 
将軍「そんなことは、 どうでもいい! 裏切り者を、 さっさと片づけよ!!」 
十郎太「味方とは 戦いたくないが…… しかたない」 
隊士たちが、 おそってきた!! 
将軍「わしに逆らった バツじゃ」 
将軍「なんでもいいから、 ヤツらを殺せっ!!」 
夏芽「沖田さんとは、 戦いたくないよぉ」 
十郎太「二人とも、かなりの 使い手だ。 真剣に 戦わなければ……」 
沖田「ここは、ぼくに まかせてください!!」 
大和丸「うおっ!?」 
大和丸「くっそう、 負けるか……っ!!」 
沖田「大和丸…… ぼくの話を 聞いてくれ」 
大和丸「なんだよ、 こんなときにっ!」 
沖田「シッ! ぼくをはじき飛ばして、 逃げるんだ…… 事情はわからないけど、 キミたちを信じるよ」 
大和丸「沖田さん…… ありがてえ! おうりゃあっ!!」 
大和丸「今のうちに、 逃げるぞっ!!」 
土方「大丈夫か!? 大和丸のヤロウ、 ちったぁてかげん しろってんだ」 
沖田「しばいだって、 わかっちゃい ました?」 
土方「当たり前だ。 けど、将軍には わかんねえだろう」 
将軍「早く、ヤツらを 捕まえろ!!」 
冬夜「こんな所に寄っている ひまはない」 
十郎太「こんな所に寄っている ひまはない」

 


大和丸「”霊穴”だ!」 
夏芽「なんだか気持ちいいわ。 今までの ”霊穴”とは違う」 
十郎太「これこそ本来の ”霊穴”なんだ。 おだやかな霊気を 発して、 生物の成長を助ける 
…………暴走する前は、 どこの”霊穴”も、 こうだったはずだ」 
冬夜「あそこに泉があるぜ。 平和な場所だな」 
冬夜「あそこの泉にちょっと よっていかないか」 
夏芽「こ、このいじょうな 感じは!?」
スクワント「霊気が感じられない!! オレの王国の ”霊穴”が 枯れたときに、 そっくりだ!!」
ライヒ「さすが、ガーディアン …………よく、 わかったね」 
大和丸「この声はっ!?」 
テスラ「ここの霊気は、 わしらがいただいた。 おかげでまた、 霊魔獣を造れたわい」 
アルヴァ「フェニックスの かたきを、 取らせてもらうよ! さあ行け、 サイクロプス!!」 
モンスターが、 おそってきた!! 
アルヴァ「こんなヤツらに 負けるなんて!?」 
ライヒ「まだ、けんきゅうの よちがあるな。 霊気は奪ったし、 帰るとするか」
テスラ「そういうことじゃ。 わしらの調べでは、 眠れる”霊穴”は、 あと一つ………… 
それを奪えば、 この国は我ら のものじゃ!」 
大和丸「なんだと!? ちょっと待て!!」 
霊気を浴びて、 みんなは元気に なった!! 
大和丸「底の方に、 なにかあるぞ」 
大和丸「なんだこれ?」 
スクワント「三博士が造った マシンだな。 これで、霊気を きゅうしゅうして いたのだろう」 
大和丸「スクワントがいた 洞窟の、”霊穴”で ひろったきかいと 同じヤツだ!?」 
スクワント「三博士が造った マシンだな。 これで、霊気を きゅうしゅうして いたのだろう」 
大和丸「あったかい!? これ、温泉か」 
温泉に入りますか? 
大和丸「フーッ、 いい気持ち……」 
大和丸「わわっ、 底に穴が…… ガボッ」 
慶喜「おそかった! 霊気は、すでに 枯れている!」 
将軍「見たか、近藤! こいつらが、 ”霊穴”を独占し、 この国を奪おうとする 現場を!! 
これが、動かぬ 証拠じゃ!!」 
大和丸「な…… なにをいいやがる! それは、おまえらの ことだろう!?」 
土方「信じられねえ…… しかし、おめえらが 来る前は、確かに まだ霊気があった」 
十郎太「霊気を奪ったのは、 三博士です!!」 
夏芽「あたしたちを、 信じてくれないの!?」 
近藤「どうやったら、 信じられる!? 誰が見たって、これは 裏切りこういだ!!」 
将軍「新撰組の名にかけて、 やってしまえ!! 裏切り者には死だ!!」 
不思議な声『この者たちは、 殺させぬ!!』