×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 16


スピリット『体を持たないオレは、 ここから出られない。 出れば、 消えてしまうのだ』 
スピリット『聖なる地を 汚すものは許さぬ!!』 
スピリットが おそってきた!! 
大和丸「あいつ、 何者なんだ……?」 
スピリット『聖なる地を 汚すものは許さぬ!!』 
スピリットが おそってきた!! 
スピリット『なぜだ……なぜ、 オレの力が効かぬ!?』 
スピリット『そ、そのピアス…… まさか、タミアラ!?』 
スピリット『そうか、この人たちは キミの友人なのだな。 それなら、オレに とっても友人だ』 
大和丸「あんた、 ひょっとしたら ガーディアンか!?」 
スピリット『正確には、 ガーディアンの スピリット…… つまり、たましい だがな』 
夏芽「やっぱり 死んじゃったの!?」 
スピリット『わからない。 オレの体は、この奥の ”霊穴”の側に あるのだが…… 
たましいの方は こうして、洞窟の中を さまよっているのだ』 
大和丸「たましいを体に 入れれば、生き返れる かもしれないのか!?」 
十郎太「そんなかんたんな ものか」
冬夜「やってみる価値は あると思うぜ。 この奥に、あんたの 体があるんだな」 
スピリット『ありがたい…… 頼む』

 

大和丸「これくらいの川なら、 なんとか 渡れそうだな」 
十郎太「この川からは、 ふきつなものを 感じる………… 近くの村で、 情報を集めよう」 
夏芽「十郎太さんの いったこと、 聞いてなかったの? グランデ村で、 話を聞こうよ」 
夏芽「この川に、 水魔とかいう 妖怪がいるのね」 
大和丸「そんなヤツ、 オレがやっつけて やらあ!!」 
大和丸「おい、水魔!! 出てきやがれーー ーーっ!!」 
大和丸「うおっ!? きたねえぞ!!」 
水魔「わたしの力も 知らないで、 不用意に飛び込んで くるからさ……」 
大和丸「うわああーーーっ!!」 
大和丸「やった、 出られたぜ!!」 
十郎太「ふう…… なんとか逃げ 出せたな」 
水魔「待てぇい!!」 
水魔「大切な食料を、 逃がすものか!!」 
大和丸「やってみろ! 同じ手は、二度と くわねえぞ!!」 
水魔が、 おそってきた!! 
水魔「そ……そんな バカな……」 
夏芽「さあ、北西の森に ”にじいろの羽根”を 取りに 行かなくちゃ!」 
大和丸「セイレン、 どうしたんだろ?」 
夏芽「”にじいろの羽根”が ないと、出てこられ ないのかな」 
セイレン「待ってたよ! さあ、 ”にじいろの羽根”を あたしになげて!」 
大和丸「おう!」 
”にじいろの羽根”が なくなった!! 
セイレン「ありがとう、 羽根を取り 戻してくれて」 
夏芽「事情って、 こういうこと だったのね」 
セイレン「お礼に、 川を渡してあげる。 川を渡りたかったら、 桟橋に来てね」 
セイレン「向こうぎしに 渡りたいんだね? じゃあ…… あれ、誰か来るよ? 仲間かい」 
大和丸「へっ!?」 
十郎太「スクワント! どうしたんだい、 いったい!?」 
スクワント「……このティアラを、 彼女に」 
夏芽「えっ……あ、 あたし?」 
スクワント「そう、 これをかぶるのだ」 
夏芽「きゃあああっ!!」 
大和丸「夏芽っ!!」 
スクワント「ショックを 受けただけだ。 あんじるな」 
夏芽「な……なんなの? 体の中に、 力を感じるわ。 これ、タミアラさんの ティアラよね!?」 
スクワント「タミアラが、 かんしゃのしるしに、 そなたの能力を 解放した………… 
これで、存分に 兄のかたきを 取れるだろう」 
大和丸「夏芽が、冬夜みたいに 術を使えるように なったのか!?」 
スクワント「ああ……それから、 オレも同行させて もらうことにした。 いいな?」 
十郎太「あなたが 入ってくれるなら、 大歓迎だ」 
大和丸「えらそうなヤツだな。 でも、 よろしく頼むぜ」 
スクワントが、 仲間になった!! 
大和丸「それじゃあ、 川を越えようぜ」 
セイレン「じゃあ、 つかまって!」



スピリット『これが、 オレの体だ』 
大和丸「どうすれば、 体に戻れるんだ?」
リッシュ「それは、 永久にムリだ!!」 
リッシュ「しばらくだったな!」 
大和丸「お、おまえ…… たしか、温泉で 戦ったヤツ!」 
スピリット『キサマは!!』 
大和丸「えっ!?」
リッシュ「久しぶりだな。 おまえの一族が滅んだ、 あの戦い以来だ」 
スピリット『白い男たちとともに、 我らをおそった ひれつなヤツめ! 
おまえのせいで、 多くの仲間が 死んだのだ!!』
リッシュ「フフフ、 好きなように いうがいい。 オレは偉大なる 三博士のためなら、 どんなことでも する!」 
スピリット『それでタミアラも 殺したのか! タミアラまで殺す 必要が、どこに あったというのだ!!』 
リッシュ「タ、タミアラ………… うう、そんなことを 話しに来たので はない! 
今日こそは ONIどもを倒し、 ガーディアンの 体をはかいしてやる!!」 
リッシュ「見よ、偉大なる 三博士よりいただいた 力を!! ONIども、 勝負だッ!!」 
リッシュ「バ……バカな! まだ、力が 足りないのか!?」 
リッシュ「今日のところは、 これで引いてやる! しかし、 次は負けん!!」 
スピリット『キミたちは、 ONIの力を うけついで いるのか!?』 
大和丸「さっきのヤツも、 オレたちのことを、 そう呼んでたっけ」 
スピリット『ONIならば、 オレを体に戻すことも 可能だ。 
オレの体に力を おくり込んでくれ。 そうすれば、きっと よみがえるはずだ』 
十郎太「そんなこと、 お安いご用だが……」 
夏芽「じゃあ、 あなたが……」 
スクワント「オレは、聖地と ”霊穴”を守る ガーディアン…… 
そして、ONIの力を うけつぐ者。 キミたちの仲間だ」 
スクワント「オレの名は、 スクワント。 ずっとここで救いを 待っていた」 
冬夜「海を越えたこんな ところに、 オレたちと同じ力を 持つヤツが いたのか……」 
スクワント「さあ、オレを タミアラの元へ 連れていってくれ。 長い間、 待たせてしまった」 
十郎太「この”霊穴”は、 完全に枯れ 果てている。 いったい、なにが あったんだ……」 
夏芽「底の方に、 なにかあるわ!」 
底にある物を、 ひろいますか? 
大和丸「なんだこれ、 なにするもんだ!?」 
持っていきますか? 
大和丸「気味が悪いから、 やめとこう」 
”不思議なきかい”を 手に入れた!! 
大和丸「なんだあ!?」 
十郎太「霊気が復活した! このきかいが、 霊気を吸い取って いたのか!?」 
底にある物を、 ひろいますか? 
十郎太「わずかだが、 霊気が感じられるな」