×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 11

大和丸「危ないっ!!」 
十郎太「大丈夫か、おとき?」 
おとき「十郎太さま!!」 
十郎太「しばらくだね…… みんな、無事かい」 
大和丸「へっ!?」 
夏芽「十郎太さんの おうちって、 ここなの!?」 
一郎太「なんの騒ぎ…… おおっ、十郎太!?」 
一の弟子「お帰りなさい、 十郎太さま!!」 
二の弟子「やっと帰ってきて くださったの ですね!!」 
三の弟子「上がって、くつろいで ください!!」 
十郎太「ちょっと、 寄っただけだ。 長居はできないよ」 
一郎太「そういうな。 友人の方たちも いっしょに、上がって もらうといい」 
十郎太「……はい。 父上が、そう おっしゃるのなら」 
夏芽「ち……っ!?」 
大和丸「父上!?」 
大和丸「……すっげえ家! 十郎太って、 おぼっちゃま だったんだな」 
夏芽「十郎太さんの お嫁さんになったら、 ここに住むのかしら♥ それにしても、 十郎太さんは?」 
大和丸「着替えるって いってたけどな」 
一郎太「お待たせしましたな」 
一郎太「入りなさい、十郎太」 
十郎太「はい……」 
一郎太「その姿のおまえを 見るのは、 久しぶりだな」 
十郎太「はい……」 
大和丸「!?!?」 
大和丸「どうしちまったんだよ、 十郎太!? 女のカッコ ウなんかして!」 
夏芽「十郎太さんたら、 そんなシュミが あったの!? でも、きれーい♥」 
一郎太「どうしたって…… 女が、女のカッコウを して、 なにがいけないの ですかな?」 
大和丸「お……」 
夏芽「ん……」 
大和丸と夏芽「なっ!?」 
大和丸と夏芽「えええええええーーー ーーーーっっ!?!?」 
十郎太「わたしが女だと いうことが、 そんなに意外かい」 
大和丸「だって、 十郎太って名前は、 なんなんだよ!?」 
一郎太「壬生家では、代々 跡継ぎに”十郎太” という名前を つけるのだ」 
二の弟子「十郎太さまは、 壬生家を継ぐに ふさわしい方です!」 
夏芽「そ……そんなぁ」 
十郎太「父上、まだ修行中にも かかわらず、帰って きてしまいました」 
一郎太「近ごろ、この辺りにも 妖怪が増えてきた。 そのことであろう」 
十郎太「妖怪どもは、 霊気に惹かれて 集まってきます。 そういう場所に、 心当たりは?」 
一郎太「考えておこう。 今日は 休んでいくがよい」 
一郎太「壬生家を継ぐため、 修行を おこたるでないぞ」 
十郎太「はい」 
一郎太「そうそう、村の南に、 岩だらけの 荒れ地がある。 
誰も近寄らないが、 むかしはケガや病気が 早く治る、不思議な 場所だったというぞ」 
大和丸「村の南か……よし、 行ってみようぜ!」 
十郎太「それでは、父上」 
一郎太「もし必要だったら、 わしの弟子たちを 連れてゆくがよい。 妖怪と戦うとき、 役に立つ だろうからな」 
大和丸「ありがとう! じゃ、出発だ!!」 
おとき「十郎太さまの好きな、 あま酒がありますよ。 飲んで いかれますか?」 
飲みますか? 
おとき「そうですか……」 
おとき「さあさあ、どうぞ」 
あま酒を飲んだ! みんなは、 元気になった! 
一郎太「壬生家の名に 恥じぬよう、りっぱに 戦ってまいれ」 
一の弟子「一番弟子の私を 連れていけば、 十郎太様ほど ではないが、役に 立つと思うぞ!」 
仲間に入れますか? 
一の弟子「そうか、それならば しょうがないな」 
一の弟子が 仲間になった 
二の弟子「私も連れていって ください」 
仲間に入れますか? 
二の弟子「そうか、それならば しょうがないな」 
二の弟子が 仲間になった! 
三の弟子「私も連れていって ください」 
仲間に入れますか? 
三の弟子「そうか、それならば しょうがないな」 
三の弟子が 仲間になった!



 
少女「ポチは、とっても いい子なの」 
ポチ「くうん、くうん」 
男「うちの子は、 いぬが好きでねえ」 
女「あら、そっちの お兄さんステキ♥」 
女「まあ、かわいい ボウヤね♥」 
少年「おいらたち、 あいびきしてんだ」 
少女「じゃましないでね」 
少女「勝手に家に入って こないでよ!」 
男「へえ、旅の人かい」


少年「つまんないよー。 外に行きたいよー」 
赤ん坊「かあしゃんどこ」 
少女「あたしたち おるす番なの」 
女「このつぼは大切なの。 へそくりが入ってる んじゃないわよ」 
少女「あたいのおこずかい このつぼの中なの」 
たすけ「私は、たすけ 江戸でしょうばいを やっているものだ」 
たすけ「おっ 君たちが持っている びしゃもんのやりを 私にくれないか?」 
びしゃもんのやりを 渡しますか? 
大和丸「なんであげなければ いけないんだよ!」 
たすけ「このやりだ! 私がもとめていた ものは、 ありがとう この力を試すために 私も仲間になろう!」 
たすけが 仲間になった! 
金200を 手に入れた!



かものせき「わしは、 日本一強い」 
大和丸「でも人間相手だろ! 妖怪はもっと 手強いぜ!」 
かものせき「なに、妖怪ってヤツは 強いのか? ワシもそいつと 戦おうではないか」 
仲間にしますか? 
大和丸「こいつはオレ達の 戦いなんだ」 
大和丸「じゃあいっしょに 戦おうぜ!」 
かものせきが 仲間になった!! 
つきびと「関取は関東一 強いですよ」 
つきびと「関取は日本一 強いですよ」 
男「ここは江戸だよ 京より都会だろ」 
女「どこからきたの? 飯田町? ふーん」


 
空中ろうかく一階 オークリーダーが、 おそってきた!! 
スクワント「入口を守っていたのか。 三博士の霊魔獣だな」 
夏芽「こんなヤツが、 まだ中にいるの かなあ」



エアフラワーを、 手に入れた!! 
セイレン「エアフラワーは、 右のつぼの中に あるわよ」