×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 9


ポート村 
少年「何か用かよ?」 
女「まあ、あんたたち誰? よそ者のくせに、 話しかけないで」 
少女「ママが知らない人と 話しちゃ いけないって!」 
ジョニー「見ない顔だな。 俺と勝負しろ!」 
ジョニーが おそってきた! 
ヒューイ「ううん、まいったぜ」 
大和丸「おまえ、妖怪か!?」 
ヒューイ「おれはヒューイ。 生き物がおびえるのが 大好きなんだ。 
おまえたちといれば、 たくさんの恐怖と 出会えそうだな。 よし、 ついていくぜ!」 
ジョニー「あれっ、 オレ寝てたのかな?」




大和丸「なんだ? このこまいぬ、 変だぞ?」 
大和丸「わっ!! 本物のいぬが 飛び出した?」 
シーサー「わしはシーサー。 いぬじゃないわい、 失礼な」 
夏芽「そのシーサーさんが、 なんでこまいぬの中に いたの?」 
シーサー「そ、そりゃあ…… ちょっと昼寝の つもりが、つい 寝過ごして……」 
大和丸「えっ?」 
シーサー「いや、そ、そうじゃ!! わしを見つけた者に、 力を貸そうと 思ってのう。 うそじゃないぞ」 
大和丸「うさんくさいな、 本当かよ」 
夏芽「いいんじゃない、 別に」 
シーサー「そうそう。 じゃあ、用があったら 呼んどくれ」 
こまいぬ「ぐーぐー…… すやすや」 
大和丸「このこまいぬ、 いびきかいてるぜ」



男「なんだ、 武器が欲しいのか?」 
男「オレがうってることを ばらすなよ!」 
少年「よそ者がなんで こんな所に いるんだよ」 
女「あんたらみたいな よそ者は泊めて あげらんないよ!」 
男「金100だが 泊まるか?」 
男「金がないぞ!!」 
男「しずかにしねえか」 
女「ある日突然、 夫が乱暴者になって しまったんです…… しくしく」 
女「夫は、どうして 変わってしまったん でしょう」 
女「夫が、元通り やさしい人に 戻ってくれたんです」 
リチャード「おまえたち おもしろいものを 持っているな」 
大和丸「おもしろいものって この”ほづつ”の 事か?」 
リチャード「ああ、もしよかったら それをおれに くれないか?」 
ほづつを 渡しますか? 
リチャード「めずらしいじゅうを 持っていないか?」 
大和丸「あげるなんて もったいないや」 
リチャード「ありがとよ! お礼に、 おれがじゅうの腕を ひろうしてやるよ!」 
リチャードが 仲間になった!



大和丸「なんだ、あいつ?」 
ジン「ここはおまえらの 来るところ ではない!」 
ジン「ほう、 いい目をしておるな。 こうして異国の地で 会えたのも、 何かのえん。 
何か困ったことが あれば、いつでも わしを呼べ」



神主「うちは こんごうやしゃ様を まつる神社なんじゃ」 
こんごうやしゃ「わしは こんごうやしゃ ふじょうな者を にくむ。 そなた、わしの といに答えよ」 
大和丸「な、何だよ、 いきなり」 
こんごうやしゃ「そなたは、 他人の物を取った ことがあるか?」 
こんごうやしゃ「そなたは、心正しき 妖怪を見すてたことが あるか?」 
こんごうやしゃ「そなたは、 すばらしい人間じゃ。 わしの力を貸そう。 
必要なときは、 いつでも 呼び出すがよい」 
こんごうやしゃ「それから、 これはわしからの おくり物じゃ。 がんばるのだぞ」 
むらまさを 手に入れた! 
こんごうやしゃ「このうそつきめ! わしはふじょうな 者が大きらいじゃ。 帰れ!!」 
こんごうやしゃ「そなたの 正直さにめんじて、 わしの力を 貸してやろう。 
いつでも 呼び出すがよい」