×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 6

大和丸「足を踏み外したら、 おしまいだぜ」 
夏芽「真ん中にあるのが、 まがたまなのね」 
冬夜「なっ、なにするんだ!! 危ないぞ、夏芽!!」 
夏芽「取ってくるのよ。 この糸を伝って、 真ん中まで 行けるでしょ」 
冬夜「おまえを、そんな 危ない目には あわせんぞっっ」 
冬夜「うわわっ!?」 
大和丸「危ねーって!」 
夏芽「体の大きな兄さんには ムリよ。 あたしが行く!」 
大和丸「化けグモだ!!」 
十郎太「夏芽が危ない!」 
冬夜「八本足のバケモノ なんかに、 妹を食われて たまるかああっ!」 
十郎太「冬夜さんに続こう! 先回りして、クモが 夏芽まで 行けないように するんだ!!」 
大和丸「わかった!!」 
まがたまを、 手に入れた!! 
夏芽「手に入れたわよ!!」 
大和丸「なんだ!? 暴れすぎたか!?」 
夏芽「きゃああああっ!!」 
冬夜「夏芽ーーーーっっ!!」 
大和丸「うわっ!?」 
十郎太「なんだ、この光は!?」 
冬夜「ケガはないな、 夏芽!」 
大和丸「今のは!?」 
冬夜「才神家に伝わる法術、 ”けっかい”だ。 命がけとはいえ、 とっさに使うとは…」 
十郎太「まがたまが 夏芽の力を、 引き出したのかも しれないな……」 
夏芽「うー……ん?」 
夏芽「あれっ、あたし?」 
十郎太「キミは、とっさに 法術を使って、 身を守ったんだよ」 
夏芽「法術を? あたしが? そんな……し、 信じられない」 
冬夜「本当だとも。 さすが、 オレのじまんの妹だ。 これで、 もう落ちこぼれじゃ ないな」 
夏芽「冬夜兄さん……」 
大和丸「それじゃ、行こうぜ! 青い宝珠とまがたまが そろったんだ。 
これで、高千穂の ”霊穴”と ”天下五剣”の ところへ行ける!!」




武器屋の主人「いらっしゃい!」 
武器屋の主人「またおいでください」 
武器屋の主人「将軍からの命令で、 あんたらとは、しょうばいできないよ」 
道具屋の女将「いらっしゃいませ!」 
道具屋の女将「またおいでください」 
道具屋の主人「将軍からの命令で、 あんたらとは、しょうばいできないよ」 
防具屋の主人「いらっしゃい!」 
防具屋の主人「またおいでください」 
防具屋の主人「将軍からの命令で、 あんたらとは、しょうばいできないよ」 
宿屋の女将「うちに泊まりますか? 金20になります」 
宿屋の女将「そうですか」 
宿屋の女将「すみませんが、 お金を持っていらっ しゃらないようで」 
宿屋の主人「あっ、 手配書のヤツらだ!! お役人さーん!!」 
敵が、 おそってきた!!



じいさま「うちのばあさんを、 見なかったかね?」 
だんなさん「妖怪が村をおそったら、 つまと子どもは オレが守る!」 
おくさん「うちのだんなさまは、 頼りがいがあるわ♥」 
こども「妖怪が増えたわけ、 知ってるかい?」 
しゅうとめ「うちのよめは、 がさつでねえ」 
よめ「おしゅうとめさんが、 うるさくってえ!」



女「ごはんの支度を してるのよ。 邪魔をしないで ちょうだいな」 
ようじ「まんま、まんま」 
ろうにん「せっしゃ、 侍になりたいで ござる」 
ろうにん「きりすてごめん」 
金400を 手に入れた! 
ろうにん「弟より早く、 侍になるでござる」 
ろうにん「きりすてごめん」 金900を 手に入れた! 
男「あそこにいるのは、 オレの弟たちだよ。 似てるだろう」 
おばあさん「最近からだが だるくてね もしよかったら きんたんをひとつ わけて くれないかねぇ」 
きんたんを あげますか? 
大和丸「もったいないから いいや!!」 
おばあさん「ありがとう たすかるよ」 
おばあさん「助かったよ!」 
大和丸「きんたんなんて 持ってないや」



男「なんだい、 お客さんかい?」 
女「まあまあ、 こんなところまで ごくろうなこと」 
侍「せっしゃは あつがりなので、 ここに住んでいる のでござる。 ああ、すずしい」 
侍「きりすてごめん」 
金400を 手に入れた! 
ろうにん「わしはさむがりでな。 ああ、引っ越したい」 
ろうにん「きりすてごめん」 
金1000を 手に入れた!