×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 4

八束山 
十郎太「ただならぬ気配 を感じる…… もう少し、周囲の 様子を探ってみよう」 
夏芽「待ってーーーーっ」 
夏芽「あたしも 連れてって!」 
大和丸「てごわい妖怪が、 相手なんだぜ!?」 
夏芽「だったら、仲間は多い 方がいいと思わない? もう、ついてくって 決めたもん!」 
大和丸「わがままな女だな」 
夏芽「あたしは才神 夏芽!! ”おまえ”とか、 ”女”とか 呼ばないで」 
夏芽が、 仲間になった!! 


新撰組隊士「妖怪が集結する 場所がわかりました」 
十郎太「それは、よかった!」 
新撰組隊士「富山村の近くの、 大岩のあたりです。 早く行ってください」 
大和丸「富山村は、オレの 飯田町の近くだぞ!? 母さんが危ない!!」 
夏芽「富山村って、ずーっと 東にある村よね」 
大和丸「入れねえ!?」 
夏芽「父さんの、 封印の呪だわ」 
十郎太「父上の呪なら、 なんとかキミが 解けないかい? この中には、 なにかありそうだ」 
夏芽「あたし、 術が使えないの。 冬夜兄さんなら、 ともかく……」 
十郎太「冬夜兄さん?」 
夏芽「うん…… 旅に出てる、 一番上の兄さん。 すごい力を 持ってるの」 
大和丸「その人を 見つけるまで、 中には 入れないのか!?」 
十郎太「そうらしいな」 
十郎太「夏芽の兄さんが いなければ、 ここには入れないよ」 

冬夜「よし、ちょっと さがってくれ」 
冬夜「はあっ! ”解呪”!!」 
夏芽「封印が、解けた!」 
冬夜「これでいい。 さあ、入ろうぜ」 
新撰組隊士「富山村は、東に行って 京の都を過ぎ、 さらに東に行って 飯田町を 越えたところです」




大和丸「こんな所に、妖怪が 集まってる!?」 
十郎太「穴を掘っているのか? でも、どうして……」 
妖怪「ギャアアオウッ!!」 
大和丸「しまった、 見つかった!!」 
妖怪が、おそい かかってきた!! 
十郎太「何をする気なんだ!?」 
妖怪「オオオ……」 
大和丸「うわあああーーっ!」 
大和丸「くっそー………… こんなヤツらに、 やられるなんて……」 
十郎太「む……無念だ……」



新撰組「ここを開けよ! ご用あらためである。 戸を開けよ!!」 
新撰組「ここを開けよ! どうしても 開けぬというならば、 押し通るぞ!!」 
近藤「われらは、 新撰組である!! 神妙にいたせ!!」 
土方「敵は 二階にいるはずだ! 一人も逃がすな!!」 
土方「よし、ごくろう。 すべてしばりあげろ」 
新撰組隊士「はい!」 
沖田「全てつかまえましたよ。 この中に、本当に ヒトじゃないものが、 いるんですか」 
十郎太「まあ、 見ていてください」 
十郎太「正体を現せっ!!」 
土方「おお、これはっ!?」 
妖怪「ケエエエッ!!」 
十郎太「しまった!」 
沖田「危ない!!」 
沖田「ううっ!」 
土方「総司ーーーーっ!?」 
妖怪「グキャアッ!」 
十郎太「しまった、 逃げられたかっ!」 
土方「総司、大丈夫か!? しっかりしろ!」 
沖田「だ……大丈夫です。 妖怪って、本当に いるんですね…… おどろいたなあ」 
土方「バカやろう、 そんな場合じゃ ないだろう! ひどいケガだ」 
十郎太「近藤さん…… すまない、 二体逃がしました。 これから 追いかけます」 
近藤「ウム、 気をつけるんだぞ」 
十郎太「ああ、 絶対に 逃がしませんよ」 
土方「近藤さん…… こいつは、いったい どういうことなんだ!? 
妖怪どもが、人間に まぎれ込んで いるなんて、聞いた こともない話だぜ」 
近藤「……オレにも、 わからん。 だが、この国に何かが 起こっているのは、 確かだ」 
沖田「………………」 
土方「総司、 むりをするな」 
沖田「大丈夫ですってば。 そんなことより、 十郎太さんは、 どこまで 行ったんでしょうね」 
近藤「ヤツは、大丈夫だ。 われわれ新撰組の 中でも特別な、 妖怪退治の専門家…… ”影”の新撰組 なのだからな」