×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


セリフ 11


ちゃんどら「かつての”つま”よ よもや わたしを わすれたか?」  
くろのめがみ「あなたは ”くろのかみ”!?」 
ちゃんどら「つまよ おもいだせ 
わたしたちは ”はかい”だけではなく”たんじょう”をも いみしていた 
さあ わたしとともに かえろう」 
しずな「まって ねえさまは・・・・ねえさまは どうなったの?」  
くろのめがみ「さぐめは ながいあいだ とてもよくつかえてくれました・・・・」  
くろのかみ「さぐめを ふつうのにんげんにもどし おまえのかぞくのもとへ かえそう さらばだ」 
うる−ぴぃ「ちゃんどらちゃ・・・・じゃなかった くろのかみさまぁ− あたしも いっしょに かえります」  
くろのかみ「おお うる−ぴぃ 
わたしが このよにうまれかわって きおくをうしなっているあいだ 
よくぞ みまもってくれた れいをいうぞ」 

しずな「いってしまったわ・・・・ 
ちゃんどらがかみさまの うまれかわりだったなんてへんなの」  
ときわまる「せいしろうさんのほうがそれっぽいのに・・・・」  
せいしろう「ははは・・・・そんなことは ないさ それより くらぼっこがまってるよ」  
ときわまる「あいつ うるせえからなあ よし かえるか」 
しずな「まるで すなのしろがくずれるように かききえてしまったわ」  
せいしろう「あれは さぐめがつくりだしていた くうかんだからね」  
ときわまる「とらえられていた ひとたちは?」 
せいしろう「きっと もとにもどっているだろう」 



ようかい「まてこら!」 
しずな「さびついていて あかないわ」 
しずな「さびついていて あかないわ」 
くろはまる「ようし おいらのくちばしでつっついてみよう」 
くろはまる「いててて・・・・ だめだ あかねえや」 
しずな「やっぱり あかないわ」 
くろはまる「ようし もういちどおいらのくちばしで・・・・」 
くろはまる「やったあ あいたぞ!」 
しずな「なかに くさみたいなものがはいっているわ」 
くろはまる「これは!?  ”はやそだちのなえ”だ  いやっほう!これで やまは たすかるぞ!!」 
だいてんぐ「いじょうな はやさで くさきをおいしげらせるという 
でんせつの”はやそだちのなえ”があればなあ・・・・」 



くらぼっこ「おお ときわまるぶじであったか まちかねたぞ」 
ときわまる「おまえ かんじんなときには いないのな」 
くらぼっこ「われは くらぼっこぞ! 
このくらの せんぞくようかいぞ くらをはなれて いじげんなんぞいけるものか!
あれは もともとおまえのやくめじゃ!! 
んん? そういえばあのへんなおとこが いないが・・・・」 
しずな「ちゃんどらのこと?あのひと”くろのかみ”だったのよ」 
くらぼっこ「なにぃ かみだときぃ− なんだか くやしいぞ!!」 
くらぼっこ「まあ よい ぶじ”まじんぎ”ももどったことだし われは ねる!
ときわまる あとは たのんだぞ なにものにもくらを あけさせるでないぞ」 
ときわまる「ちぇっ かってなやつ」 
ときわまる「ふたりとも おつかれさまでした」
せいしろう「では わたしのじゅつで しずなさんをいえにかえしてから わたしもかえります」 
しずな「ときわまるは どうするの?」
ときわまる「うん じいちゃんの”こっとうや”をたてなおそうかな」 
しずな「がんばってね それじゃ またあいましょう」 
せいしろう「”わかひこ”になっているあいだ めいわくかけてすまなかったね
その・・・・ なんといっていいか わたしは つみをつぐなえたろうか?」 
ときわまる「おう ばっちりさ!」
せいしろう「ありがとう これで あんしんしてかえれるよ それじゃ」 



しずな「さくまねえさま!かえってきたのね」 
さくま「しずな! げんきだったのね でも わたし いままでのことがよく おもいだせないの
どうして こんな かっこうをしているのかしら?」 
しずな「そんなこと どうだっていいの ぶじ かえってきたんですもの」 
くろはまる「やっぱり しずなだ!かえってきたんだね♥しずながみえたんで きてみたんだ」 
しずな「まあっ くろはまる!」
しずなのはは「きゃあ− か・・・・からすてんぐ!」 
しずな「かあさま だいじょうぶこのこは おともだちなのよ」 
しずな「どうしていたの げんきだった?」
くろはまる「うん でも しずなと あづきじまで わかれたあと
”まつやまきょう”がはなしてくれなくてさあ 
ずっと はなしあいてにされてたんだ
あっ そうだおいら たかく とべるようになったよ しずなに みせたいな」 
しずな「まって まだ とうさまにあっていないの」 
しずなのはは「とうさまなら あいかわらずどうじょうにいらっしゃるわよ」
しずな「くすっ かあさまの そのことばをきくと かえってきたってきがするわ
ちょっと いってきます くろはまる まっててね」 
しずな「とうさま ただいま!」
しずなのちち「おお しずな おかえり
たくましくなりおって これならどうじょうをまかせてもよいな」 
しずな「まあ とうさま おんながいわれても あまり うれしくないことばです」 
しずなのちち「おお これはしつれいしたはっはっはっはっは」 



せいしろう「いきていたんですか!?」
むらびと「せいしろうさん! あなたこそとのさまに ころされたものとばかり
そうだ ははうえとかよさんがしんぱいしていますよ はやくいっておあげなさい」
せいしろう「ほんとうですか!?」 
せいしろう「ははうえ かよ!」
かよ「にいさま!」
せいしろうのはは「まあ おまえ よくぶじで・・・・」
せいしろう「いったい どういうことだ」
かよ「わからないの あのときしんだとおもったんだけど きがついたらここに いたわ」 
せいしろう「これも ちゃんどら・・・・いや”くろのかみ”のはからいというわけか・・・・」 
かよ「にいさま どうしたの?」 
せいしろう「おまえたちが いきていたことをかみに かんしゃしていたのさ」 
せいしろうのはは「そうそう おしろのとのさまはなにものかに あやつられてあんなことをしたそうだよ」 
せいしろう「やはり そうか・・・・」
かよ「しょうきにもどってから ひどくはんせいして ふさぎこんでいるってきいたわ」 
せいしろう「ちょっと でかけてくるよ」 



とのさま「うわあぁ せいしろう!わるかった ゆるしてくれ」 
せいしろう「きせきがおこって むらのひとたちはいきかえったのですからおたがい わすれましょう」 
とのさま「では ゆるしてくれるのか?ならば あらためてきくがわしの”かしん”にならんか?」 
せいしろう「えっ・・・・・・・・・・」 
とのさま「そう こわいかおをするなもう ”こきょうへかえるな”などとはいわぬぞ
しかし ことわったらどうだかわからんぞ」 
せいしろう「もう おひとがわるいなあでは かんがえさせてください」 
とのさま「よかろうよいへんじを まっておるぞ」 
とのさま「そう こわいかおをするな」
せいしろう「え ええ すこしかぞくと そうだんしたいのですが・・・・」 
とのさま「よかろう ことわったからといって むらを おそわせたりはせんぞ
まあ よいへんじをすればあんしんだがな」 
せいしろう「もう おひとがわるいなあ」 



ときわまる「あ−あ おきゃくがさっぱりだたいくつだなあ・・・・ふぁ−あ」 
ときわまる「あ いらっしゃい」
おとこ「てやんでぃ きゃくじゃねえやいひきゃくでぃ おらよ てがみだ うけとんな」 
ときわまる「あれなんかの ”しょうたいじょう”だ
ばしょだけでさしだしにんのなまえがないやなになに
”くらぼっこ”さまもごいっしょに・・・・だって!なんだこりゃ」 
ときわまる「お−い くらぼっこいるんだろ でてこいよ!」 
くらぼっこ「なんじゃ そうぞうしい!かるがるしく ふういんをとくでないぞばかもの!」 
ときわまる「そんなことより これをみろよ」
くらぼっこ「なんと われをしっているとはあやしいぞ」 
ときわまる「だろ? いってみようぜ」
くらぼっこ「うむ そうしよう」 


せいしろうのはは「おかえり おまえにてがみがとどいているよ」 
せいしろう「さしだしにんがないが”しょうたいじょう”みたいだなとにかく いってみるよ」 
せいしろうのはは「あぶなくないのかい?」
せいしろう「だいじょうぶさ」 


しずなのちち「おお そうだ おまえあてのてがみをあずかっているよ」 
しずな「どうして とうさまが?」
しずなのちち「ひきゃくがいえとまちがえて ここにもってきたのだよ”しょうたいじょう”らしいな」 
しずな「まあ とうさま かってにみたのね」
しずなのちち「い・・・・いや ひとりむすめはなにかと しんぱいなんだよ」 
しずな「んもう しりません!」 


しずな「きゃあ びっくりした」
くろはまる「わ−い はじめてあったときとそっくりだね」 
しずな「もうっ わるいこね」
くろはまる「ねえねえ おいらがとぶところをいつみてくれんだよう」 
しずな「ごめんなさいね これから でかけるの」 
くろはまる「ようし おいらがかかえていってあげるよ 
まえは ちょっと うくだけだったけど もう やまもうみもこえられるんだ」 

しずな「すごい みなおしたわ」
くろはまる「しずなにみせたくて もうとっくん したんだ じゃあ また あそびにいくからね」 

くらぼっこ「おお しずなだぞ!」
ときわまる「やっぱり きたんだね」
しずな「まあ みなさんも いったいなにが はじまるの?」 
せいしろう「わたしたちにも わからないんだ」 
ききおぼえのあるこえ「みなさあ−ん!はじまるのよ はじまるのよ」 
いちどう「ちゃんどらっ!!かえったんじゃ・・・・」 
ちゃんどら「あほう あんなとこ たいくつでやってられへんわ!」 
ときわまる「ことばがもどってる・・・・」
ちゃんどら「わいと”くろのかみ”のじんかくを ぶんりしたのや 
わいらのなかまは”けしん”いうて なんにんいてもええことになっておるのや 
よめさんも べつべつにもてるしべんりやろ?」 
ちゃんどら「まあ そう だまりこまんと わいのげいでも みてってや 
いっくでえ つぼじゅつ”かえんじゃ”れっど・すね−く かもんやあぁ!」