×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


キャプテン翼2 フォーメーション



オーソドックス(4−3−3)


      2       11   
         6        
                  
                  
GK  5  4  10    9   
                  
                  
         8        
      3       7   
最もオーソドックスな体形。 7、11番をウイングにおき、 センタリングからシュートを狙う攻撃方法に適している。


4−4−2


     2            
         6        
              11   
        10         
GK  5 4            
        8         
              9   
         7        
     3            
ツートップの9、11番を中心にカウンターアタックを仕掛けやすい フォーメーション。MF4人(6、7、8、10)の中で8番がディフェンシブハーフに まわり、敵陣近くでは6、7番がウイングの位置にとびだしてくる。


ツートップ(3−5−2)


   2              
         6        
       5      11   
                  
GK  4     10        
                  
       8      9   
         7        
   3              
最も近代的な攻撃型フォーメーション。
MFが5人もいるので中盤は組み立てやすい。また、ツートップからの 逆襲速攻(カウンターアタック)も仕掛けることができる。 しかし、DFが3人しかいないので、相手の速攻に弱いのが弱点だ。


ブラジルタイプ(変形4−3−3)


   2              
        11         
            10     
   4              
GK       6     9   
   5              
                  
        8         
   3          7   
4:3:3の変形タイプで、FWの11番を MFに下げ、左ウイングの位置にスペースをあける。そのあいたスペースに 戦況に応じ2、11、10番がとびだしてくるのが特徴。また、4人のMFのうち 10番が上がりぎみに位置しているのも長所である。バックラインは、センターバックの 4、5番が同一ラインに並び、ゾーンディフェンスを行う。


キャプテン翼2 TOP

さんぱうろFC